タグ別アーカイブ: 前田大然

7戦連続スタメン。なぜ前田大然はマリティモで試合に出続けられるのか

日本代表FW前田大然が今季より加入したマリティモは、第9節を終えた時点で、2勝4分3敗でリーグ12位につける。ポルトガル屈指の若手戦術家ヌーノ・マンタ・サントス監督に率いられる国内でも有数の名門クラブとしては決して満足できる数字ではないが、第9節にはホームで首位ポルト相手に粘り強い守備を見せつけ、勝ち点1をもぎ取った。

前田大然は、プレシーズンや開幕序盤こそ途中出場が多かったが、ここ数ヶ月は完全にレギュラーを奪取。第9節までに7試合連続でスタメン出場を果たし、すでにポルトガルリーグでは2ゴールをあげるなど、初の海外挑戦で順風満帆なスタートを切っていると言えよう。

なぜ前田大然は、現在のチーム状況はどうあれ、ポルトガル屈指の名門クラブのひとつであるマリティモでコンスタントにプレー機会を得ることができているのだろうか。

ヌーノ・マンタ率いるチームは、シーズン序盤は5-4-1のシステムをベースに試行錯誤を重ねてきたが、直近では4-5-1システムが定着しつつある。前田大然はその中で、右サイドハーフを中心に、メンバー編成によっては最前線を任せられるなど、複数のポジションを経験しているが、彼の主戦場である両サイドハーフに対して、ヌーノ・マンタは身体・状況判断(頭)の両面で、負荷の高いタスクを与えており、前田はそれに十分に応えているのが要因だろう。

マリティモでのプレー原則として、ボール非保持時には、サイドハーフは相手サイドバックをほぼマンツーマン気味にケアしなくてはならない。そのため、サイドバックが高い位置を取り続けるポルト相手には、ほぼ6-3-1と言っても過言ではないほどに右の前田大然と左の8番ホルヘ・コレアが最終ラインに吸収されていた。

チームの守備の基準点は、相手がハーフウェイランを超え、サイドにボールを預けたタイミング。中央を強固に締めていた3センターハーフが前進し、サイドハーフとサイドバックと連動してボールをからめ取る。ポルト戦でも、マリティモの3枚のセンターハーフ、キャプテンマークを巻いた12番のエドガル・コスタ、19歳の若手MFである背番号60のペドロ・ペラージオ、そして2012年には川崎フロンターレでプレーしていた25番のレネ・サントスは、ポルトの豪華攻撃陣を完全に制圧していた。

松本山雅時代には、最前線でボールを追いかけ回す印象の強かった前田大然だが、マリティモで求められる守備を理解し、あくまで相手サイドバックをケアするためのポジションを取り、それ以外には無闇にチェイスせず、奪いどころで味方と連動してボールをからめ取る、というタスクを十分に遂行していた。(ただし、味方とのマークの受け渡し等は未だ改善の余地が大きく、相手サイドハーフをフリーにさせてるしまうシーンも散見された)

ボール保持時には、ヌーノ・マンタが所属選手各々の個性を把握したうえで最適化したであろう、彼のエッセンスが表出した特徴が出ており、前田にはサイドハーフらしからぬ役割が与えられている。

非保持時には4-5-1の低いポジションでブロックを組むサイドハーフだが、ボール保持時には4-3-3に近い形で、運動量をもってポジションを上げる。その際に、右サイドハーフの前田大然は、ワントップである192センチの長身FW21番ルチアーノ・ネケカウルと、ツートップに近いポジションを取り、左サイドハーフのコレアはワイドに位置取る、左右非対称な布陣が基本となる。コレアは左利きのドリブラーであり、ワイドに張りながら一人で局面を打開できるタイプであるため、右サイドハーフはかつての日本代表で岡崎慎司がその役割を果たしたように、中央に待ち構えゴールを陥れる役目を期待されている。

一方で、右サイドはというと、右サイドバックのギニアビサウ代表31番のナヌーが、見かけによらずボールの扱いがうまく、高い位置で攻撃参加する。ツートップに近い動き方をする前田は、中央からサイドに抜けてナヌーからボールを受けたり、反対にサイドから中央にダイアゴナルに動き出してゴールへ向かったりと、柔軟な動きを見せる。特にダイアゴナルな動きについては、ポルト戦でも、相方の長身FWネケカウルがボールを競ってそらす裏のスペースを、前田は虎視眈々と狙っている印象があった。(ネケカウルがぺぺやマルカーノらとのエアバトルに歯が立たず、実際に裏で得点機を迎えることはなかったが)

まとめると、ボール非保持時には、最終ラインに吸収されることを厭わず、味方と連動して集中力を持って守備網を形成し、ボール保持時には運動量を上げて最前線に位置どり、サイドハーフながらツートップ的な役目を全うする。まさに、松本山雅時代にトップやトップ下のポジションを主戦場としていた前田だからこそ体現できるサイドハーフ像なのだ。逆サイドのコレアには、このオフェンスタスクは決して成し得ないし、ポルトガルリーグ全チームを探しても、このようなサイドハーフ像は見当たらない希少な存在だ。ちなみに、ポルト戦でもそうだったように、チームの選手交代によって、ワントップや左サイドハーフなどポジションを取っ替え引っ替えする柔軟性も、スタメンでプレーする選手として重宝されている理由だろう。

現在の前田大然は、上記のような献身的なプレーを高く評価され、一家に一台必要な便利屋としてチームに十分に貢献している。自身初の海外リーグで、間違いなく選手としての幅を広げているし、その手応えも感じつつあるに違いない。今後のさらなる躍進に期待したい。

前田大然、マリティモでの充実を語る「もうこのクラブのファミリーなのだと感じた」

松本山雅からマリティモにレンタル移籍を果たした日本代表FW前田大然が、マデイラ諸島のクラブにおける充実の生活についてコメント。クラブ公式HPが紹介した。

前田は、マデイラの地元メディア『JM』のインタビューに応答。ポルトガルサッカーと日本のサッカーの違いについては、「大きな違いは、ゲームを取り巻く環境。スタジアムが満員になり、サポーターが叫んでいる様子を気に入ったし、マリティモのことを呼んでいるのだと聞いていて分かった」と、約1万人収容の小規模スタジアムの雰囲気に、早速感動していることを語った。

スポルティングとのリーグ開幕戦に途中出場した前田は、このサポーターの熱量について、「最も印象的だったのは、プレシーズン、ラス・パルマスとのホームお披露目試合。数日前に到着したばかりだったけれど、ピッチに入ったときは、もうこのクラブのファミリーなのだと感じられた」と感激。「このような環境は幸せに感じるし、おかげでピッチ内で楽しむことができる。全員が勝利のために戦っていることが分かるので」と、ホームスタジアムでの充実ぶりを明かした。

最後に、「自分の仕事、そして、ここで学ぶことに集中している。自分信じて賭けてくれたチームに役立てるように」と、意気込みを口にした。

(※上記日本語は、現地メディアのポルトガル語を日本語訳したもの)

すでに、ポルトガルの3強スポルティング相手に十分なインパクトを残した前田大然。今後はマリティモのサポーターが彼の名前を叫ぶ機会が一層増えることだろう。

©FutePor -ふとぽる-

【保存版】19-20季、ポルトガル1部全18チームの監督人事を紹介

2018-19シーズンのポルトガルリーグを制したのは、「Bチームの人材」が躍動したベンフィカだった。Bチームから途中就任したブルーノ・ラージュ監督のもと、Bチームから昇格して1年目のジョアン・フェリックスら若手が躍動。シーズン序盤のつまずきを猛烈な勢いで挽回し、首位を独走していたポルトとの熾烈な優勝争いを2年ぶりに制した。

一方のポルトは、CLこそベスト8に進出するも、2連覇を期して臨んだリーグ戦では、ベンフィカ相手にシーズンダブルを許し、タイトルを逃す屈辱。今季は多くの主力選手が退団し、チーム編成も一新する中で王座奪還に挑む。

今季は中島翔哉がカタールからポルトへ、さらには、安西幸輝(ポルティモネンセ)や前田大然(マリティモ)ら若き日本代表世代が中島の成功例の再現を求めてポルトガルへの移籍を決断。中島がポルティモネンセに所属していた昨季よりも、日本におけるポルトガルリーグへの注目度が一層に増すことだろう。新シーズンもベンフィカとポルトを中心にタイトル争いが展開されるであろうポルトガル1部リーグについて、今年も毎年恒例、全18チームの監督名鑑をお届けする。

昨季1位 ベンフィカ:ブルーノ・ラージュ

ブルーノ・ラージュ(続投)

Embed from Getty Images

クラブにジョルジ・ジェズス時代から続くリーグ4連覇(自身2連覇)をもたらしたルイ・ビトーリアをシーズン序盤に途中解任し、Bチームからブルーノ・ラージュを昇格。この大抜擢がベンフィカのシーズンを一変させた。

かのジョゼ・モウリーニョですらポルト優勢と踏んでいた優勝争いを怒涛の連勝で覆し、就任後19181分と驚異的な追い上げを見せ、クラブに2年ぶりのタイトルをもたらした。特にトータルでシーズン103点を叩き出した攻撃陣の躍動は目覚ましく、ナシオナルとの一戦は10-0という衝撃の大勝を飾った。この快進撃は、序盤戦こそ「今季はポルトだろう」と予想していたモウリーニョを、のちに「私が間違っていた」と言わしめるものだった。

今季もクラブは、昨季リーグ戦終盤を無敗で乗り切ったブルーノ・ラージュに指揮を託す。スカッドとしては、2度のリーグ得点王と2年連続の年間MVPなどポルトガルで輝かしいキャリアを積んだジョナスが引退したが、リーグ得点王ハリス・セフェロビッチやランキング3位ラファ・シウバ、アシストキングのピッツィら多くの主力選手が残留。かつては鹿島アントラーズに所属したカイオ・ルーカスもいよいよ今季からチームに合流するなど、既存戦力と新戦力のバランスはよい。インターナショナルチャンピオンズカップでは、ミランやフィオレンティーナなどイタリアの強豪を撃破して優勝を飾り、スポルティングとのスーペルタッサを5-0で完勝するなど、チームの滑り出しは良好だ。監督自身が昨季まで育て上げたジョッタらBチーム出身選手もインパクトを残し、毎年恒例となりつつあるリーグを代表する新星の頭角も期待できる。

リーグ2連覇と昨季は失意に終わった国内カップ戦およびCLでの躍進のためには、トップチームで初めてフルシーズンの指揮を執る監督自身の育成・抜擢の手腕が大きく問われるが、現状チームの出来上がりは極めて順調。今季はこのブルーノ・ラージュが国内のあらゆるタイトル争いをリードすることだろう。

昨季2位 ポルト:セルジオ・コンセイサオン

セルジオ・コンセイサオン(続投)

Embed from Getty Images

古巣ポルトをビトール・ペレイラ期以来5年ぶりのリーグ王者に導いたセルジオ・コンセイサオンだが、2年連続のリーグ優勝を目指した昨季は、ベンフィカにシーズンダブルを許すなど苦難の年に。ベスト8進出と躍進したCLとの両立に苦しみ、終盤はドローが続いて下位クラブから勝ち点を取りこぼした。

それでも、優勝シーズンにジョゼ・モウリーニョの持つクラブ歴代最多勝ち点記録862ポイント多く塗り替えた若き名将への評価は色あせず。心筋梗塞の影響で現役続行が不透明な守護神イケル・カシージャス、守備の要であったエデル・ミリタオン(レアル・マドリード)とフェリプ(アトレティコ・マドリード)、豊富な運動量で長らくチームを支えていたエクトル・エレーラ(アトレティコ・マドリード)、圧倒的な個人技でアクセントを加えていたヤシン・ブライミ(アル・ラーヤン)ら、主力選手が大量に流出し変革期を迎えるチームの再建に挑む。

今季もクラブ伝統の4-3-3と監督が得意とする4-4-2システムを使い分け、手堅く勝負強いサッカーが志向されるだろう。タイトル奪還のためには、CL予選アウェイのクラスノダール戦ではベンチ外となった中島翔哉やレンソ・サラビアら、新戦力の躍動が不可欠。多くのメンバーが入れ替わった今季の成績は、彼ら新戦力のパフォーマンスに直結するため、コンセイサオンのチーム作りには序盤戦から注目が集まる。

昨季3位 スポルティング:マルセル・カイザー

マルセル・カイザー(続投)

Embed from Getty Images

ポルティモネンセ相手に4-2と破れた直後、スポルティングは早々に手を打った。新監督として招聘したジョゼ・ペゼイロは、大方の予想通り平凡な成績に甘んじ、不名誉な「ポルトガル1部リーグ監督交代第1号」となってしまった。

この迅速な判断が吉となり、オランダ人新監督マルセル・カイザーのもとチームは何とか立て直し、リーグ戦は3位と最低限の結果をマーク。カップ戦では、リーグカップとポルトガルカップの2冠に輝き、スーペルタッサとポルトガルカップを戴冠した2007-08シーズンぶりの2タイトルを獲得するなど、近年稀に見る好成績を残した。ただやはり、何としても手中に収めたいのは、2001-02シーズン以来となるリーグタイトルだろう。

カイザーが率いたシーズン後半は、リーグ戦9連勝と怒涛の追い上げを見せ、来季への期待感をにおわせた。ポルト時代のフッキ、ベンフィカで引退を発表したジョナスに続いて、2年連続リーグ年間MVPに輝き、MFながらシーズン32ゴールを記録してアレックス(当時フェネルバフチェ)が保持していたヨーロッパMF歴代最多得点記録を更新するなど、リーグを代表するアタッカーとして君臨したブルーノ・フェルナンデスの移籍動向は気になるところだが、いずれにせよ、20年ぶりのリーグ制覇のためには、この絶対エースに依存しないチーム作りが必要だ。

昨季4位 ブラガ:リカルド・サー・ピント

アベル・フェレイラ(今季:PAOK)

リカルド・サー・ピント(前:レギア・ワルシャワ)

Embed from Getty Images

2017-18シーズンにブラガの歴史上最も多くの勝ち点(75)を稼いだアベル・フェレイラは、昨季もチームを「ポルトガルの4強」の地位にキープさせ、最低限のミッションは達成。2シーズンにわたり安定的な結果を残した手腕が評価され、自身の監督キャリアでは初となる海外挑戦のため、ギリシアのPAOKへと旅立った。

新監督には、ギリシアやベルギーなど国外中位リーグでの実績が豊富なリカルド・サー・ピントを招聘。ポルトガルでの指揮は2015-16シーズン以来となるが、国内での実績は正直なところ乏しい。クラブ史上最高の監督となったアベル・フェレイラの後釜として4強の座を死守できるか。監督にとってもクラブにとっても、試練の1年を迎えるだろう。

昨季5位 ビトーリア・ギマラインス:イボ・ビエイラ

ルイス・カストロ(今季:シャフタール)

イボ・ビエイラ(前:モレイレンセ)

Embed from Getty Images

ビトーリア・ギマラインスをリーグ5位に導いたルイス・カストロは、パウロ・フォンセッカ監督をローマに差し出したウクライナ王者シャフタールの監督に抜擢された。ルイス・カストロが、フォンセッカの後任として監督就任するのは、同監督がポルトで途中解任され、自身がBチームから昇格した2013-14シーズンを想起させる。

後任には、モレイレンセをクラブ史上最高となるリーグ6位に大躍進させたイボ・ビエイラを招聘。43歳の青年監督と単年契約を締結した。ポルト北部ミーニョ地方のライバル関係にあるブラガも、監督を海外リーグに引き抜かれ変化の時期を迎える今季、天敵をリーグ4位の座から引きづり下ろすには絶好のチャンスだ。

昨季6位 モレイレンセ:ビトール・カンペロス

イボ・ビエイラ(今季:ギマラインス)

ビートル・カンペロス(前:ギマラインスB)

2017-18シーズンには、マルコ・シウバが一時代を築いたエストリルを2部に降格させてしまったイボ・ビエイラだが、昨季はモレイレンセでクラブ史上最高の成績を残し、見事に名誉挽回。ポルトガル屈指の強豪ビトーリア・ギマラインスに引き抜かれた。

クラブは後任としてビートル・カンペロスと契約。同監督にとっては、2017-18シーズンにギマラインスBを退団して以来の現場復帰となる。1部リーグでのトップチーム監督経験は、同シーズンにペドロ・マルティンスが解任され後任のジョゼ・ペゼイロが決まるまでの暫定監督として1試合を務めたのみ。経験の浅い監督に率いられる今季、万年降格圏のクラブにとっては、再び順位表の底と睨み合う厳しい1年となるだろう。

昨季7位 リオ・アベ:カルロス・カルバリャウ

ダニエル・ラモス(今季:未定)

カルロス・カルバリャウ(前:スウォンジー)

Embed from Getty Images

サウジアラビアのアル・タアーウンを経て監督就任したジョゼ・ゴメスは、大方の予想通り早々に解任。クラブは、こちらもシャービスで途中解任の憂き目にあったダニエル・ラモスを招聘し、何とか一桁順位はキープした。功労者であるダニエル・ラモスは契約延長せず退任したが、新監督として大物指揮官を抜擢した。

近年はその監督輩出力に優れるリオ・アベ。ヌーノ・エスピリト・サント(ウルバーハンプトン)、ペドロ・マルティンス(オリンピアコス)、そしてミゲウ・カルドーゾ(AEK)。リオ・アベ経由で海外リーグに監督を輸出するケースは、ポルトガルにおける一種のトレンドとなりつつあったが、今季は監督を逆輸入。プレミアリーグなど海外での実績が豊富な名将カルロス・カルバリャウを母国に呼び戻した。

53歳のベテラン監督は、2018-19にプレミアのスウォンジーを退任して以来となる現場復帰。スウォンジー以前には、トルコのベシクタシュやイングランドチャンピオンシップのシェイフィールド・ウェンズディなどで監督を歴任してきた。ポルトガルクラブを率いるのは、2009-10シーズンにスポルティングの監督を務めて以来。自身にとっても、主要タイトルには2007-08シーズンにビトーリア・セトゥバルでリーグカップを戴冠して以来見放されている。

10年ぶりとなる母国ポルトガルへの復帰。海外での経験を還元し、チームをEL圏およびカップ戦タイトル獲得に導くことが使命だろう。それを期待させるに十分な経験値は持ち合わせている。

昨季8位 ボアビスタ:リト・ビディガル

リト・ビディガル(続投)

Embed from Getty Images

ポルトガル期待の若手監督のひとりジョルジ・シマオンはシーズン途中に解任。同監督にとって、ベレネンセス、パソス、シャービスなど中小クラブを度々上位に押し上げてきた成功サイクルは、強豪ブラガに引き抜かれ・その年に途中解任されて以来、なぜか狂い気味。ブラガ時代に続き、シーズン途中で無念の退任となってしまった。

クラブは、昨季途中に招聘したリト・ビディガルに今季もチームを託す。いまや3部相当ポルトガル選手権まで降格してしまったアロウカ時代には、この弱小クラブを5位に導きELでの経験も積んだ監督。リーグ優勝経験のある5クラブの一角として、そろそろ古豪復活を実現させたい。

昨季9位 ベレネンセス:ジョルジ・シラス

ジョルジ・シラス(続投)

Embed from Getty Images

こちらもボアビスタ同様、1部リーグ優勝経験のある5クラブの一角を成す古豪。昨季は近代化を推し進めんと、ポルトガルでは初のケースとなる前衛的なクラブロゴへの刷新に踏み切った。

監督としては、2016-17年に現役引退して以来チームの指揮を任せているジョルジ・シラスが続投。古風なクラブイメージの刷新を主導する旗頭として、就任してはや4年目となる今季、そろそろ「古豪」の呪縛から抜け出すのに一躍買うような結果を残したい。

昨季10位 サンタ・クラーラ:ジョアン・エンリケス

ジョアン・エンリケス(続投)

Embed from Getty Images

2018-19シーズンのポルトガルリーグにとって、サプライズのひとつはサンタ・クラーラの躍進であった。アソーレス諸島に本拠地を置くクラブは、同じ島国クラブ、マデイラ島のナシオナルとともに、昇格組として1部リーグに挑戦。元ポルトガル代表MFコスティーニャに率いられたナシオナルが1年での降格を強いられるなか、サンタ・クラーラは降格圏はおろか一桁順位にあと一歩まで迫る快進撃を見せた。

この実績が評価されたジョアン・エンリケスは、国内屈指の強豪ビトーリア・ギマラインスからの関心も伝えられるなか、今季はクラブへの残留を決断。昨季の快進撃がフロックでないことを証明し、来季以降の飛躍に繋げたい。

昨季11位 マリティモ:ヌーノ・マンタ

プティ(今季:未定)

ヌーノ・マンタ(前:フェイレンセ)

Embed from Getty Images

オランダでの指導経験が豊富な異色のキャリアを持つクラウディオ・ブラガは途中解任。クラブは近年ピンチヒッターの名手となりつつあるプティに助けを請うた。

昨季は無事に残留を果たしたクラブは、契約満了によりプティの退任を発表し、新たにポルトガル国内有数の若手監督ヌーノ・マンタを招聘。しかし、プレシーズンが始まるとプティが練習場に現れ「まだ契約は残っている」と主張。平行線をたどる両者の争いは、終いには裁判沙汰となり、現在も一件落着とはいかないような状況だ。

それでも、新監督がヌーノ・マンタであることに変わりはない。2010-11シーズンにフェイレンセのユース監督に就任して以来、監督として全てのキャリアを同クラブに捧げてきた。2016-17シーズンには、奇しくも今季から率いることとなったマリティモを相手にジョゼ・モッタ監督が敗北・途中解任され、その後任として初のトップチーム監督に就任。最終的には、弱小クラブをリーグ8位へと躍進させ、ポルトガル国内屈指の若手監督として注目を集めた。昨季は愛するクラブで成績不振に陥り無念の途中交代となったが、その手腕への評価は色あせず。上位返り咲きを狙うマリティモと2年契約を締結した。

監督自身にとってもクラブにとっても、今年は名誉挽回を期する勝負の1年。ヌーノ・マンタはここで突出できれば、さらなる国内強豪クラブへのキャリアも拓けるだろう。そのチームの一員として、松本山雅から期限付き移籍で加入した前田大然の活躍にも期待がかかる。

昨季12位 ポルティモネンセ:アントニオ・フォーリャ

アントニオ・フォーリャ(続投)

Embed from Getty Images

ビトール・オリベイラが率いた一昨季に続いて、再び台風の目としてリーグを席巻した。新エースナンバー10番を着用した中島翔哉や、かつてのポルトガルリーグ3年連続得点王ジャクソン・マルティネスらポルトガルリーグを代表するスター選手が各々の個性を存分に発揮。ベンフィカとスポルティングを下し、それぞれルイ・ビトーリアとジョゼ・ペゼイロの2人の指揮官を途中解任に追い込むなど、ビッグサプライズを度々演じる1年を過ごした。

新シーズンもチーム得点王ジャクソン・マルティネスを中心に据え、サイドを起点に素早く敵陣営を切り裂く攻め筋は、ポルトガルリーグで猛威を振るうだろう。プレシーズンから試合に絡んでいる安西幸輝もその一役を担うはずだ。昨季はLSBのウィルソン・マナファがシーズン途中でポルトへ移籍したように、安西にとっても半年間の活躍次第では、さらなるビッグクラブへの道も拓ける。昨季後半からメンバー入りの機会が増えた権田修一が正GKのポジションを奪えるかにも注目だ。

昨季13位 ビトーリア・セトゥバル:サンドロ・メンデス

サンドロ・メンデス(続投)

Embed from Getty Images

昨季途中にアンゴラ国籍のリト・ビディガルからバトンを継いだカーボベルデ国籍のサンドロ・メンデスが今季も続投。同監督は、選手としても、ここセトゥバルで育成時代を過ごし、プロとして10年以上も在籍。引退後とクラブにとどまりユースチームのコーチとしてキャリアを積み重ねた、純血のSadinho(セトゥバルの愛称)だ。自身初となる1部トップチームをシーズン開幕から指揮する今季、愛するクラブを上位に導けるか。クラブの功労者が成績不振で途中解任される様はサポーターも見たくはない。

昨季14位 アービス:アウグスト・イナーシオ

アウグスト・イナーシオ(続投)

Embed from Getty Images

前年にスポルティングとの決勝のすえポルトガルカップを戴冠し、アービスに史上初の主要タイトルをもたらしたジョゼ・モッタと、クラブ首脳陣は降格を避けるためやむなく決別。同監督は公式声明で敬意を表され勇退する形でチームを去った。

今季は、昨季シーズン途中から監督を務めるアウグスト・イナーシオが続投。ギマラインスやマリティモなど国内クラブだけでなく、エジプト、アンゴラ、ギリシア、ルーマニア、イランなど国外での指揮、またスポルティングでジェネラルディレクターを務めるなど、ピッチ内外における経験豊かな64歳の老将にチームを託す。

昨季15位 トンデーラ:ナチョ・ゴンザレス

ペパ(今季:未定)

ナチョ・ゴンザレス(前:デポルティボ)

トンデーラの歴史に名を刻んだ指揮官がついに退任。クラブを最終節に1部残留に導くこと2回、2017-18シーズンには史上最高順位となる11位に押し上げたペパの退団が決定した。

新任には、スペイン人のナチョ・ゴンザレスを抜擢。スペイン国内のみで監督としてのキャリアを積んできた52歳の同監督にとって、同じイベリア半島の隣国といえど初の国外挑戦となる。ただ、トンデーラは昨季も紙一重で残留を達成した弱小クラブ。今季も1部残留が現実的な目標だろう。

昨季21位 パソス・デ・フェレイラ:フィロー

ビトール・オリベイラ(今季:ジウ・ビセンテ)

フィロー(前:コビリャン)

「ポルトガルの昇格王」ことビトール・オリベイラに率いられたパソス・デ・フェレイラは、無事に1年での1部復帰を達成。自身11度目、ポルティモネンセで1部リーグを戦った2017-18シーズンを除くと、2012-13シーズンから6シーズン連続でのミッションを成功させてお役御免となった。

新監督には、現役時代にパソスでCBとしてプレーした経歴を持つフィローを招聘。監督自身にとって、ポルトガル1部リーグで指揮を執るのは初。昨季は2部コビリャンを率いてリーグ6位と何とも言えない成績に終わっていた。かつてはパウロ・フォンセッカ現ローマ監督のもとリーグ3位に輝いたことのある新興クラブの一角なだけに、1年での降格だけは何としても避けたいところだ。

昨季22位 ファマリカオン:ジョゼ・ペドロ・ソウザ

カルロス・ピント(今季:レイソインス)

ジョゼ・ペドロ・ソウザ(前:エバートンアシスタントコーチ)

クラブにとって四半世紀ぶりとなる1部昇格を置き土産に、カルロス・ピント監督は2部レイソインスへ移籍。日章学園高校時代には選手権で優秀選手に選ばれたこともある菊池禎晃が今季よりプレーするクラブで、再び1部昇格に挑む。

新監督ジョゼ・ペドロ・ソウザは、マルコ・シウバの懐刀と言える存在。同監督が現役引退して監督就任したエストリル時代から、スポルティング、オリンピアコス、そしてハル・シティ、ワトフォード、エバートンとプレミアリーグでもアシスタントコーチを務めてきた。ファマリカオンには2009-10シーズンにアシスタントコーチとして在籍した過去があり、古巣復帰が実現する形となった。

マルコ・シウバは、エストリルで2部優勝を飾った翌年から、2年連続でクラブを15位以上に導いたことで、わずか3シーズンで2部監督から名門スポルティングの監督に到達した。恩師のシンデレラストーリーを再現できるか。

昨季3部 ジウ・ビセンテ:ビトール・オリベイラ

ナンディーニョ(今季:未定)

ビトール・オリベイラ(前:パソス・デ・フェレイラ)

Embed from Getty Images

昨季は3部相当ポルトガル選手権を戦っていたジウ・ビセンテ。2006年にポルトガルリーグ規定に抵触する選手起用をしたため勝ち点を剥奪され1部から2部に降格していたが、調停のすえ今季より再び1部に挑む形となった。

そんなクラブを新たに率いるのは、前述の「昇格王」ビトール・オリベイラ。久々の1部挑戦となった2017-18シーズンにはポルティモネンセを率いてリーグを席巻しただけに、今季もダークホース候補として注目だろう。ただし、3部から1部に一段飛ばしでステップアップしただけに、現有戦力でどこまで戦えるか。ポルティモネンセ時代にも限られた戦力で格上の相手を破ってきた監督の自身手腕が大きく問われる。

以上、2019-20シーズンのポルトガル1部リーグを戦う全18チームの監督人事を紹介した。中島翔哉、安西幸輝、権田修一、前田大然ら日本代表選手の活躍ぶりを見るかたわらで、欧州のサッカーシーンで将来中核を担うであろう彼ら未来の名将候補にもぜひ刮目いただきたい。

マリティモ、前田大然の獲得を正式発表!会長「他により良いオファーもあったが…」

『Record』

ポルトガル1部リーグのマリティモが、松本山雅より日本代表FW前田大然を獲得したことを正式に発表。今季末までのレンタル、買取オプション付きの契約となった。

前田はマリティモ加入に伴い、入団会見に応答(※以下、日本語はポルトガルメディアによる報道を日本語訳したもの)。自身の特徴を尋ねられた際にはポルトガル語で「私は速いです (Sou rápid)」と答えたことについて、ポルトガルメディア『Record』は「ポルトガル語で周囲を驚かせた」と報じた。

会見にあたり、前田は「とても攻撃的なリーグであり、このような挑戦ができて幸せに感じている。マリティモがヨーロッパサッカーへの入り口になると信じている」と、自身初となる欧州挑戦への期待感をにじませた。また、自身のポジションについては「コパアメリカでプレーしたように、サイドでも中盤でもプレーできる」と、様々なポジションでプレーできるユーティリティ性をアピールした。同メディアは、前田が「クラブ会長より10ゴールを挙げることを挑戦とされている」と、会長より期待されている目標を明かした。

そのカルロス・ペレイラ会長は、前田の獲得がチーム強化のほか、クラブのマーケット拡大にも寄与することへの期待を公言。「彼はマリティモの国際的なブランドを強化してくれる。若いのにすでに日本代表歴があり、マリティモを自身が成長できるクラブだと考えてくれている。ほかのマーケットからもっと経済的によい条件のオファーがあったようだが、彼の選択は我々に落ち着いてくれた。我々は育成クラブであり、クラブの資産を循環させることには慣れている」と、将来的には「育てて売る」ことも辞さないことを暗示した。

マリティモは、クリスティアーノ・ロナウドの出身地であるマデイラ島のクラブであり、かつては日本人SB相馬崇人が所属。今季はポルトガル期待の若手監督ヌーノ・マンタを指揮官に据えて、新シーズンに臨む。

選手の序列が横一線で始まる新たな挑戦で、自慢の速さを武器に輝けるだろうか。

©FutePor -ふとぽる-