タグ別アーカイブ: 宇佐美貴史

冬の移籍市場、日本人のポルトガルリーグ加入なるか。過去の代表スター3名に浮上した噂

2017年を迎え、欧州フットボール界では冬の移籍市場が解禁した。現在、ポルトガルリーグで活躍する日本人選手には、ポルティモネンセの亀倉龍希などがいるが、代表クラスの選手は所属していない。直近では、スポルティングの田中順也やポルティモネンセの金崎夢生など、日本代表級の選手がプレーしていたが、どちらもすでに日本へ帰国している。

この田中順也にスポルティングへの移籍の噂が流れた当時は、ポルトガルの大手メディアの大半がそれを報道した。田中順也のスポルティング移籍は実現したが、ポルトガルでは実は、移籍は実現せずとも日本人選手加入の噂が、ここ2-3年で1年に1-2回程度は報じられている。今回は、日本人の代表スター3選手にかつて浮上したポルトガルリーグ加入の噂を振り返りたい。

宇佐美貴史(ガンバ大阪)

当時ガンバ大阪に所属していた宇佐美貴史にポルト移籍の噂が浮上したのは2015年の夏。Jリーグで16ゴールを挙げた宇佐美が、現スペイン代表監督フレン・ロペテギ率いるポルトへ数時間中に移籍するとの噂が報じられた。ポルトガルリーグ3年連続得点王ジャクソン・マルティネスの後継者としてである。

しかし、本ニュースを報じたのは『MultiDesportos』というマイナーなメディアであり、そのソースにも「日本メディアによると」と記載されており、現地ポルトガル発のニュースではなかった。その信憑性は疑わしく、案の定、宇佐美のポルト移籍は実現しなかった。

長友佑都(インテル)

インテルの長友佑都にベンフィカ移籍の噂が生じたのは、宇佐美のポルト移籍の噂から約1ヶ月後。同じ夏に2人の日本人スターに、ポルトガルの2大クラブへの移籍の噂が流れたのである。

長友はアトレティコ・マドリードへ移籍したギリェルメ・シケイラの後任とのことであった。ポルトガル3大サッカーメディアの一角『Record』がイタリアメディアの報道を引用し、ベンフィカのオファーが実在したことを報じた。しかし、ベンフィカ側のオファーがインテルを納得させるのに十分ではなく、筆者が書いた下記コラムも虚しく、移籍は白紙となった。

【ミニコラム】長友にベンフィカ移籍の可能性。ポルトガル王者へ移籍すべき4つの理由

ハーフナー・マイク(フィテッセ)

最後に紹介するのは、フィテッセに所属していたハーフナー・マイクのベンフィカ移籍の噂。田中順也にスポルティング移籍の報道がされる前の5月に突如浮上していた。フィテッセで得点を量産していたハーフナーには、ナポリも関心を抱いていると報じられていたが、その獲得競争にベンフィカも参戦。オスカル・カルドーソに継ぐストライカーとしてハーフナーを獲得する可能性が浮上していた。しかし、こちらも移籍は実現せず報道は鎮火。その数ヶ月後に、田中順也のスポルティング移籍が実現した。

ここ数年で毎年報じられている日本代表クラスの選手のポルトガルリーグ加入の噂。果たして、この冬も日本人選手がポルトガルメディアを賑わし、はてはポルトガルクラブへの加入が実現させるのだろうか。期待感を持ってこの冬の移籍市場も見守りたい。

©FutePor -ふとぽる-