タグ別アーカイブ: 広州恒大

オーストラリア、ロシアW杯に臨む新監督にスコラーリを招聘か。過去にはブラジルを率いて優勝

『Record』

2018年ロシアW杯に臨むオーストラリア代表の新監督に、ブラジル人監督ルイス・フィリペ・スコラーリが就任する可能性が浮上した。『Reuters』に対して、監督自身がオーストラリア代表からの興味を認めた。

スコラーリは、11月に3度のリーグ優勝を果たした広州恒大の監督を退任して以来、フリーの身となっていた。同様に、オーストラリアも先月、ホンジュラスとのプレーオフの末に本大会への切符を手に入れたアンジェ・ポステコグルー監督が電撃辞任して以来、本大会に臨む代表監督を探している。

過去にはJリーグのジュビロ磐田を率いた経歴も持つスコラーリ監督は、2002年の日韓W杯でブラジルを優勝に導いた名将。その後率いたポルトガル代表では、自国開催のEURO2004で準優勝、2006年ドイツW杯でベスト4に進出している。クラブチームでは、チェルシーなどを率いた経歴を持つ。

2014年には母国開催のブラジルW杯で代表チームを率いたが、ドイツに7-1の歴史的大敗を喫し、それ以来代表チームから遠ざかっているW杯優勝監督。自身4度目となるW杯参戦は、日本のライバル国でもあるオーストラリアとなるのだろうか。

なお、ロシアW杯でオーストラリアはグループCに所属し、フランス、ペルー、デンマークとグループステージを戦う。

©FutePor -ふとぽる-

広州恒大がスポルティング所属の元Jリーガーと交渉準備か。実現すればACLで天皇杯王者と対戦

『zerozero.pt』

中国スーパーリーグの広州恒大が、来季2018シーズン開幕に向け、スポルティングに所属する元コートジボワール代表FWセイドゥ・ドゥンビアとの交渉を開始する準備をしているようだ。ポルトガルメディア『Record』が報じた。

ドゥンビアは、今夏スポルティングに加入したものの、負傷の影響もあり本領発揮とはいかず、ここまで13試合2ゴールにとどまっている。ただし、同国メディア『zerozero.pt』は、チームにダイナミズムをもたらすドゥンビアを引き抜くためにスポルティング監督ジョルジ・ジェズスを説得させるのは一筋縄ではいかないと予想しており、今季720万ユーロで獲得した同選手の放出に、1000万ユーロ以上の移籍金を求めることを推測している。

ドゥンビアといえば、かつて柏レイソルや徳島ヴォルティスでプレーした元Jリーガーとして知られており、CSKAモスクワ時代は、本田圭佑のチームメイトだったことでも有名。仮に広州移籍が実現した場合、2018年のACLグループステージでは天皇杯チャンピオンと戦うことになる。Jリーグチームにとっては非常に厄介な相手だが、果たして。

©FutePor -ふとぽる-