タグ別アーカイブ: 横浜F・マリノス

パウロ・ベントの横浜F・マリノス行きは実現せず。中国行きが正式発表

『A BOLA』

元ポルトガル代表監督パウロ・ベントが、中国スーパーリーグを10位で終えた重慶力帆の監督に就任したことが正式発表された。

48歳のポルトガル人監督には、同クラブの他にも、横浜F・マリノスへの就任の噂もあったが、最終的には中国行きを決断。2014年にブラジルW杯に出場したポルトガル代表監督を退任してから、ブラジル、ギリシアに続き3国目の挑戦となった。

日本にとっては、EURO2012でベスト4に進出した世界的名将の到来が実現しない、残念な知らせとなった。

©FutePor -ふとぽる-

横浜F・マリノスだけじゃない!?パウロ・ベントに中国行きの噂も浮上

『Record』

ポルトガルメディア『zerozero.pt』により、横浜F・マリノス監督就任の噂が報じられた元ポルトガル代表監督パウロ・ベントに、同時に中国リーグ行きの可能性も浮上した。

ポルトガル3大サッカーメディアの一角である『Record』によると、ブラジルW杯ポルトガル代表監督に、今季中国リーグを10位で終えた重慶力帆への監督就任の可能性があるようだ。同メディアは、「中国がパウロ・ベントにとって次なるキャリアになりそうだ」とし、同監督と重慶力帆との交渉を「非常に進んだ状況にある」と報じた。

ポルトガルメディアの中でも、一方ではJリーグ移籍、もう一方では中国行きの噂が報じられているパウロ・ベントの争奪戦。同国メディアの情報ではどちらのクラブとも交渉中であることから、同監督の招聘は金銭面などその交渉次第となりそうだ。

©FutePor -ふとぽる-

ブラジルW杯ポルトガル代表監督パウロ・ベントに横浜F・マリノス監督就任の噂が浮上!EURO2012ではベスト4進出

『zerozero.pt』

超が付く大物監督のJリーグ到来は実現するのか。

ポルトガルメディア『zerozero.pt』は5日、元ポルトガル代表パウロ・ベントが、今季Jリーグで5位になった横浜F・マリノスの監督に就任する可能性を報道した。すてにビラフラケンセを率いるフィリペ・コエーリョ監督が、パウロ・ベントのアシスタントコーチを務めるため、クラブとの契約を解消したことを伝えている。

現在48歳のポルトガル人監督は、2014年ブラジルW杯で母国代表チームを率いた経験豊富な若手監督である。現役時代はポルトガル3強の一角スポルティングなどでプレーし、引退後は同クラブのユースチームから監督としてのキャリアをスタートさせた。

2006年から2008年にかけては、スポルティングのトップチーム監督としてポルトガルカップを2連覇。国内での功績が認められ、2011年からは、現イラン代表監督カルロス・ケイロスの後を継ぎ、ポルトガル代表を指揮した。EURO2012では、クリスティアーノ・ロナウドやファビオ・コエントラン、ナニ、リカルド・クアレスマらタレント軍団をまとめあげベスト4に輝き、2014年ブラジルW杯への出場も達成していた。

ポルトガル代表監督を辞してからは、ブラジルのクルゼイロや、オリンピアコスなどで指揮を執ったがいずれも短命に終わっており、オリンピアコス監督を退任してからはフリーの身となっていた。

パウロ・ベントの就任が実現すれば、横浜F・マリノスのエース、ウーゴ・ビエイラにとっては母国監督に指導を受ける願っても無い状況になる。果たして、EUROベスト4を成し遂げたワールドクラスの大物監督の来日は実現するのだろうか。

©FutePor -ふとぽる-

葡メディア、ハットのウーゴ・ビエイラを大絶賛!「プスカシュに値するゴール」

『O JOGO』

天皇杯第4回戦、横浜F・マリノス対サンフレッチェ広島の一戦が行われ、ポルトガル人FWウーゴ・ビエイラのハットトリックで、マリノスが延長戦のすえ大逆転勝利を収めた。

マリノスを敗退の危機から救ったウーゴ・ビエイラの活躍を母国メディア『O JOGO』も大絶賛。「ウーゴ・ビエイラのおかげで横浜が同点に追いついた」ことを紹介し、「120分に、リーグで12ゴールを挙げている29歳のFWは、GKからのロングパスをコーナーフラッグ付近で受け、コントロール。頭を挙げ、クロスに備えていた相手GKを見ると、トリベーラ(アウトフロントキック)でゴールに直接叩き込んだ」と、ウーゴの3点目を描写し、「プスカシュ賞に値するゴール」と、今季のベストゴールのひとつであったことを紹介した。

久々にポルトガルメディアに取り上げられる活躍をしたウーゴ・ビエイラ。この勢いのまま、マリノスの勝利に貢献していきたい。

ウーゴ・ビエイラのハットトリックを含む試合ダイジェストはこちらから。

©FutePor -ふとぽる-

ほぼ毎週ポルトガルメディアに紹介されるウーゴ・ビエイラ。大宮戦に対する母国の反応は?

『maisfutebol』

横浜F・マリノスで得点を量産し、ほぼ毎週母国ポルトガルメディアに取り上げられているウーゴ・ビエイラ。Jリーグ第17節大宮アルディージャ戦での活躍も、『maisfutebol』が報じた。

2-1でマリノスが勝利したこの一戦。同メディアは、タイトルを「ウーゴ・ビエイラ、横浜が勝利した試合でひときわ目立つ」とし、マルティノスが挙げた先制点をアシストしたことを紹介した。

ウーゴ・ビエイラ活躍により、同メディアには素晴らしいミドルシュートを決めたRyosuke Yamanakaの名前も紹介されており、このポルトガル人選手が、母国における横浜F・マリノスの知名度向上に貢献していることだろう。

©FutePor -ふとぽる-