タグ別アーカイブ: 浦和レッズ

ポルティモネンセ会長「中島翔哉のウルバーハンプトン移籍は80%」残された論点とは?

ポルティモネンセに所属する日本代表FW中島翔哉のプレミアリーグ移籍が間近に迫ってきた。

第一報を報じたのは、ポルトガル最大手サッカーメディア『A BOLA』。「中島翔哉のウルバーハンプトン移籍交渉が最終段階にあり、移籍の実現は時間の問題」と、ポルトガルリーグから多くの選手を獲得しているウルバーハンプトン移籍の可能性が濃厚であることを報じた。

そして報道の翌日、ポルティモネンセ会長ロドニー・サンパイオ氏が、地元ラジオ『Renascença』に真相を語った。

「(ウルバーハンプトンとの)会話はあった。まだ100%決まってはいない。ただ、1月には起こり得る。残論点は違約金を全額支払うかどうか。だからまだ決まっていない。でも中島のウルバーハンプトン移籍の可能性は80%ほどだ」

「我々にとっては大きな損失になるだろう。中島は素晴らしい選手であり、ポルティモネンセによく適応してくれた。みんなが彼の退団を悲しむだろう。チームもそしてサポーターも。もはや彼を慰留できる可能性はない」

サンパイオ氏によると、移籍の実現に向けて残された論点は違約金の支払い。中島には4000万ユーロの違約金が設定されているが、ウルバーハンプトンが提示したのは半額である2000万ユーロとみられている。これまでサンパイオ氏は、度々メディアに対して中島の放出は移籍金満額が支払わない限り認めないという断固とした姿勢を示してきた。

かりに中島翔哉の移籍が2000万ユーロで実現した場合、ポルティモネンセにとって今夏500万ユーロで浦和レッズに移籍したファブリシオを抜き、クラブ歴代最高額のディールとなる。ポルトガルの3強クラブに所属する代表選手ですら4000万ユーロで移籍することは稀であることを鑑みても、ポルティモネンセ側が満額の支払いを要求し続けることは考えにくいのではないか。ウルバーハンプトンに深く関与する敏腕代理人ジョルジ・メンデスの存在も、本移籍交渉に大きな影響を与えることが想定される。

現在ウルバーハンプトンを率いるのは、中島がかつて現地メディアに対して移籍願望を語ったポルトのOBであり元監督でもあるヌーノ・エスピリト・サント氏。果たして、偶然の縁もあるウルバーハンプトンへの移籍は実現するのだろうか。

©FutePor -ふとぽる-

浦和レッズCBマウリシオ、中島翔哉について語る「彼は日本代表の未来」

『O JOGO』

昨季は初挑戦のポルトガルリーグで2桁得点2桁アシストの衝撃を残し、今季も3強の一角スポルティング相手に2ゴール2アシストを記録するなど、センセーショナルな活躍を見せている中島翔哉。日本代表の10番として臨んだウルグアイ戦でも、南野拓実の先制点をアシスト、大迫勇也があげた2点目の起点になるなど、エースに相応しい活躍をして、代表でもその価値を急上昇させている。

そんな中島翔哉について、かつてポルティモネンセに所属した経歴もある現浦和レッズCBマウリシオがコメント。ポルトガルメディア『O JOGO』が報じた。

「当初、ナカジマはよく知られてなかったけど、ポルティモネンセで良いパフォーマンスを発揮してから代表に呼ばれ、今や「宝石」※のように扱われている。アナリストたちにとって、彼は日本代表の未来なんだ」

(※ポルトガル語で宝石はjoia。shoyaと発音が似ていることから、現地メディアでは頻繁に中島翔哉を指す言葉として使用される)

「日本人は、代表にものすごく重きを置く。代理人も、W杯を含め、代表選手としてなるべく高いステージに到達できるような計画を描いている。ナカジマはそのような「賭け」において、いま最も可能性がある選手の1人とされているんだ」

「(セビージャからの関心など)自分自身もそういった情報は追っているし、試合も見ている。ここ数年ポルティモネンセが示してきたように、あのクラブはナカジマが成長し、自身の価値を高めるのには最適だ」

Jリーグでプレーする元ポルトガルリーガーにも活躍ぶりを認められた中島翔哉。その勢いは衰える気配がない。出色の活躍を果たしたウルグアイ戦を経て、今後ポルトガルリーグでもどのような活躍を見せてくれるだろうか。

©FutePor -ふとぽる-

浦和レッズ移籍が噂されるポルティモネンセ亀倉龍希ってどんな選手?

ポルトガルの最大手サッカーメディア『A BOLA』により、ポルティモネンセから浦和レッズへの移籍が報じられた亀倉龍希。今回は、これまで日本のメディアにはあまり取り上げられてこなかった同選手についてご紹介したい。

亀倉龍希、本名テオドロス・リュウキ・カメクラ・パナゴポウロス(Theodosos Ryuki Kamekura Panagopoulos)。フッキの代理人を務めることで知られ、ポルティモネンセの最大株主でもあるテオドロ・フォンセッカを父に持つ、日本とブラジルのハーフだ。1995年生まれで現在は22歳。2012-13シーズンより世界的強豪ポルトの下部組織に入団し、2013-14シーズンに当初レンタルでポルティモネンセに加入して以来、実に5シーズンにわたって同クラブでプレーしている生粋の海外組である。
(上記データは、ポルトガルのサッカーデータベース『zerozero.pt』より取得)

ポルティモネンセではチームの主力選手として活躍するかたわら、金崎夢生や中島翔哉らがチームに馴染むように陰ながら支えてきた。金崎がポルトガルで記者会見を行う際には通訳を務めることもあった。中島も現地メディアに対して「どうしても監督やチームメイトの言っていることが分からなかったら、龍希が助けてくれる」などと語っており、日本では金崎夢生と中島翔哉の活躍ばかりが取り上げられる裏で、両者のポルトガルでの生活を支えていた、まさに功労者でもある。

直近の2シーズンは多くの出場機会に恵まれてはいなかったが、ポルトガル2部時代の2015-16シーズンには、年間40試合以上に出場するなど、まさにチームの中心選手として活躍。ちなみに筆者は、2016年のリオ・オリンピックメンバーに選出されることを陰ながら期待していた。

長らくポルトガルリーグでプレーを重ね、プレー以外の面では日葡バイリンガルという強みを活かしてチームメイトが異文化に馴染むのを助けていた亀倉。浦和レッズにはポルティモネンセのチームメイトであるファブリシオが加入しており、仮に亀倉の移籍も実現すれば、ファブリシオが鹿島アントラーズぶりの日本で、快適な生活が送れるよう全力でサポートしてくれるはずだ。また、下位に低迷する浦和レッズにポルトガルリーグでの経験を大いに還元してくれるに違いない。

(下記は亀倉龍希選手のTwitterアカウントです。特に浦和レッズファンの皆様は、是非ともフォローを)

クリロナとならび得点王の浦和DFマウリシオが喜びの投稿「値段をつけられない瞬間」

グレミオを1-0で下し、レアル・マドリードの2連覇で幕を閉じた2017年クラブW杯。大会得点王には、決勝戦での直接FKを含む2得点を挙げたクリスティアーノ・ロナウドが輝いたが、ならんで、カサブランカ戦で2得点を挙げた浦和レッズDFマウリシオ・アントニオも得点王の座を射止めた。

この栄誉に、マウリシオは自身のInstagramに喜びの投稿。「人生には値段をつけられないものごとがある。そのような瞬間を生きられること、FIFAクラブW杯で得点王に輝けることはそのうちのひとつだ。人生の夢を叶えてくれた神様、ありがとう!」と、お金で買えない個人タイトルを獲得できた歓喜に満ちた想いを投稿した。

DFながらあのクリスティアーノ・ロナウドと名を連ねたマウリシオ。だからこそ、その喜びはひとしおだったに違いない。

©FutePor -ふとぽる-

ポンテ氏の影響も?マリティモCBマウリシオ・アントニオが浦和レッズ移籍へ

『Record』

マリティモに所属するブラジル人CBマウリシオ・アントニオが、浦和レッズ移籍に近づいているようだ。ポルトガル大手メディア『Record』が報じた。

同メディアによると、マウリシオはすでに「浦和レッズ移籍のためマリティモを後に」して「東洋に旅立った」ようだ。また「現在のマリティモでの稼ぎと比べて、かなり高額な給料をもらう」とも報道されている。

25歳のマウリシオの保有権は、マリティモとポルティモネンセが50%ずつ保有しており、同選手の移籍にはポルティモネンセも関わっている可能性が高い。金崎夢生がかつて所属したポルティモネンセでは、現在元浦和レッズのロブソン・ポンテ氏が海外担当のテクニカルディレクターを務めているため、浦和移籍が真実だとすれば、同氏が移籍交渉に関わった可能性も考えられる。

昨季はマリティモで33試合に出場し、3ゴールを記録したマウリシオ。25歳で184センチのCBは、監督解任で混乱する浦和レッズに守備の安定をもたらすことができるだろうか。

©FutePor -ふとぽる-