タグ別アーカイブ: 鹿島アントラーズ

「日本へ戻ることも夢見ている」元鹿島FWファブリシオがロングインタビューに応じる

『Público』

今季より昇格したポルティモネンセのエースとして、強豪並み居るポルトガル1部リーグで戦うファブリシオ。かつて鹿島アントラーズでプレーした、日本でも馴染みの深い同選手が、ポルトガルメディアのロングインタビューに応じた。王者ベンフィカ戦でゴールを沈め、日に日にポルトガルでの注目度が増しているファブリシオは、ポルティモネンセへの愛情のみならず、「一番辛い時期から救ってくれた」日本への想いも語った。

-ポルトガルで6年が経過し、ついに1部リーグに到達しました。主にどのような違いがありますか?

ファブリシオ:
時間がかかってしまったね。でも、僕をヨーロッパに連れて来てくれたポルティモネンセで1部リーグを戦えて、夢が叶った。とても幸せだよ。この6年間は本当に良かった。1部のチームから何度もオファーをもらっていたけど、ずっとポルティモネンセが昇格できると信じていた。時間はかかり過ぎてしまったね。ある年は勝ち点4差まで迫り、昨季は勝ち点で並びながら得失点差で昇格できなかった。時間はかかったけど失敗ではない。(先日の)リーグ、フェイレンセ戦のようにね。良いプレーをしながらいつも負けてきた。でも、いつに勝利の瞬間が訪れた。

-1部の方がプレーしやすいですか?

1部は、フットボール、そして質の面でずっと良いね。スタジアムも良いし、対戦相手はよりクオリティが高い。1部でプレーする方がずっと好きだね。(笑) 所属チームのクオリティが高く、展開するフットボールも美しいから、2部よりも難しくないんだ。対戦相手も「プレー」しているし、僕らにも「プレー」させてくれる。プレーするためのスペースが広いんだ。2部ではボールが空を舞うことが多く、1部と比べてスペクタルに欠けるね。

-1部での初ゴールは、敵地ルス・スタジアムでベンフィカ相手に挙げましたね。あの瞬間はいかがでしょうか?

素晴らしかった。神様からのプレゼントだね。いつまでも僕の心に思い出として残るだろう。美しいスタジアムで、偉大なチーム相手に、1部での初ゴールを決められた。しかも、本当は2点だったね。(ゴールラインテクノロジーにより)取り消されてしまったけどね。(笑) まあ、僕にとって、そして僕のキャリアにとってスペシャルなゴールになったよ。本当に特別な思いだね。

-次は敵地ドラガオン・スタジアムでのポルト戦が控えています。そこでもゴールを決めたいですか?

僕のゴールでポルティモネンセを助けられたら本当に幸せだと思う。ドラガオンでのデビュー戦になるけど、チームを信じている。満員のスタジアムでプレーすることになるだろうから、最大限楽しみ、そして最善を尽くしたい。

-ポルトは現在リーグで首位です。しかも、スポルティングと並んで全勝ですね。気が早いですが、タイトル争いはどうなると思いますか?

順位表でひときわ目立っている2チームだね。どの3強クラブも開幕直後にライバルの下位にはいたくないはず。1月の移籍市場で何もかも変わるけど、いまリードしているチームが優勝候補なのは間違いないね。現時点でタイトルへの最有力候補であるチームと、彼らのホームで戦うのは大きな挑戦になる。僕にとっても、ドラガオンのようなスタジアムでプレーできるのは幸せなこと。

-聞いていると、ポルティマオンでの生活を気に入っているようですけど、合っていますか?

うん、好きだ。もし僕が他の選手だったら、すでにお金のために退団していただろうね。でも、僕はポルティモネンセへの愛のため、そして家族のために残った。ポルティモネンセとともに昇格するという目標を持っていたし、このクラブで1部を戦うことは、すごく特別なんだ。この目標は達成したから、将来はまた次の目標を追いかけるよ。

-ポルティモネンセの昇格に関して、ビトール・オリベイラ監督の名前は外せません。彼が監督就任すると知ったとき、クラブは昇格がグッと近づいたと感じていましたか?

偶然にも、僕は半分フットボールとは離れている人間だから、監督のことは、監督が来た時に初めて知ったんだよ。(笑) モレイレンセで監督と一緒にやっていた友人のひとりがいろいろ話してくれて、一緒にやり始めてから、監督が勝者のビジョンを持っていることが理解できた。監督は勝つことに慣れていて、ポルティモネンセにうまくはまってくれた。経験、勝者のメンタリティをチームにもたらしてくれ、全てがうまくいった。勝ち慣れている人のそばにいられるのは良いことだね。

-この6年で、アジアで2度プレーしましたね。最初は中国で次は日本。この経験はどうでしたか?

素晴らしかった。型にはまった状況から出ることは良いことだね。中国にはちょっと驚かされた。僕にとって初めてのアジアでの生活だったからね。何をしても苦労したけど、受け入れてもらえたし、日本人の岡田武史監督と一緒に働くことができた。彼は、僕にとって一番良い監督のひとりだった。あの経験をした後は、より強く、より自信を持てるようになった。

日本への移籍も素晴らしかった。個人的に人生で最も辛い時期を過ごしていた。生まれたばかりの娘を亡くしていたんだ。本当に辛かった。そんな状態で、娘を亡くした1ヶ月後に鹿島アントラーズに到着した。でも、神様は僕を護ってくれた。2つのタイトルを獲得でき、レアル・マドリードと対戦したクラブW杯の決勝戦にも到達できた。乗り越えられたのは日本でたった。だから、日本がいつまでも僕の心に在り続けるのは当然。心の傷は一生治らないけど、でも、日本では決して忘れることのできない幸福な瞬間を過ごせたんだ。

-鹿島アントラーズは、レアル・マドリードとの決勝戦を延長まで持ち込みました。サプライズを信じていましたか?

うん、みんなモチベーションが高かった。2-2になり、可能性を感じていた。延長では2度もゴールに迫った。でも不幸にも、彼を2度もエリア内でフリーにさせてしまい、全てが難しくなったね。エリア内でクリスティアーノ・ロナウドをフリーにしてしまったら、彼は容赦してくれないね。(笑)

-日本での生活はいかがでしたか?

何もかも違っていた。一番驚いたのは物価。僕が今まで生活してきた国はどこも安かったけど、あそこは何もかも高い。でも、素晴らしい。食事もトレーニングのコンディションもね。全部気に入っていた。

-何か日本語は話せるようになりましたか?ポルティモネンセには日本人のチームメイトもいますね。

おはよう、こんにちは、こんばんは、こんな基本的なことだけだね。通訳がいたから怠けてしまった。そんなに勉強しなかったんだ。本当に基本的な日常会話だけだね。

-これまで対戦した中で、一番苦労したディフェンダーは誰ですか?

1度しか戦っていないけど、セルヒオ・ラモスだろう。本当に速いんだ。2、3回対峙しただけだけど、最も苦労したディフェンスのひとりだったことを覚えている。

-尊敬している選手は誰ですか?

小さい頃は、カカとロナウジーニョ・ガウーショにインスピレーションを受けていた。彼らのことが本当に好きだった。怪物ロナウドのようにね。でも幼少期に一番見ていて、好きだったのは、カカとロナウジーニョ・ガウーショだね。

-どのリーグでプレーしたいですか?

ヨーロッパでプレーしたい国はたくさんある。スペイン、ドイツ、イタリアだね。でも、日本に戻ることも夢見ているよ。計画して夢見れば、神様が導いてくれるさ。

ポルティモネンセへの大きな愛情、そして人生で最も辛い時期を乗り越えさせてくれた日本への感謝。ファブリシオの言葉の節々に、彼の人間味が溢れている素晴らしいインタビューだった。

©FutePor -ふとぽる-

ポルティモネンセがファブリシオの復帰を発表!「Jリーグ王者、クラブW杯準優勝、天皇杯王者が帰ってきた」

ポルトガル2部ポルティモネンセが、鹿島アントラーズへレンタル移籍中であったブラジル人MFファブリシオの復帰をクラブ公式サイトにて発表した。

約半年間という短期レンタルで、ファブリシオはJリーグ王者に輝き、クラブW杯では準優勝を手にした。また、契約の最終日であった元旦の天皇杯では、決勝ゴールを決め鹿島に19つ目のタイトルをもたらしていた。ポルティモネンセは、ファブリシオが過ごした輝かしい日々を紹介し、チームの元10番、エースの復帰を祝した。

ポルティモネンセの公式によると、鹿島はファブリシオのレンタル継続に興味を持っていたようだ。しかし、クラブはその能力を高く評価し、契約に沿い、レンタルの延長はしないことに決めたという。

ホームページには、度々日本を訪れているCEOのサンパイオ氏と監督ビトール・オリベイラがファブリシオと談笑している写真を掲載。すでにポルティモネンセのトレーニングにも参加しており、ファブリシオの練習の様子も投稿した。

鹿島アントラーズを2つのコンペティションで王者に導いたファブリシオの復帰は、現在2部で首位に立つポルティモネンセにとって大きな補強となった。日本を沸かせたポルティモネンセのエースは、クラブの1部復帰という使命を負い、残り半年となったシーズンを過ごすこととなった。

©FutePor -ふとぽる-

ポルトガルメディアが天皇杯決勝弾のファブリシオを紹介「夢のような半年を過ごした」

『Record』

ポルトガル大手メディア『Record』が、ポルティモネンセから鹿島アントラーズへレンタル移籍中で、天皇杯のファイナル川崎フロンターレ戦で決勝点を挙げたファブリシオを紹介した。

同メディアは、同点で迎えた88分に小笠原と交代してピッチに入ったファブリシオが、右足で強烈に沈めたゴールシーンを詳細に描写。加えて、7月に鹿島へ加入したファブリシオが「夢のような6ヶ月を過ごした」と記述した。約半年の期限付きレンタルで加入したJリーグで、リーグ戦と天皇杯を制し、クラブW杯ではレアル・マドリード相手に善戦した栄光の日々を紹介した。

また、ファブリシオのレンタル満了にも言及。ファブリシオが鹿島で「控え選手ながら多く使われた」としたが、「日本メディアによると、Jリーグ王者でプレーを続けることはないだろう」と、天皇杯を制した元旦のレンタル移籍満了に伴い鹿島退団が濃厚なことをを伝えた。また、ファブリシオに続くブラジル人として、鹿島がペドロ・ジュニオールとレオ・シウバを獲得し、パウメイラスのレアンドロとの交渉を続けていることを紹介した。

快進撃を続けた鹿島へのレンタル移籍によって、ポルティモネンセ時代よりも多くポルトガルメディアに頻繁に取り上げられたファブリシオ。日本とポルトガルを騒がせた同選手は、確かな爪痕を残しポルトガルへ帰国することだろう。

©FutePor -ふとぽる-

【ミニコラム】柴崎岳よ、ポルトガル2部ポルティモネンセへ行け!3つの理由を論じる

クラブW杯で欧州王者レアル・マドリード相手に衝撃の2ゴールを決め、世界中のメディアで取り上げられる時の人となった鹿島アントラーズMF柴崎岳。自身が希望するリーガ・エスパニョーラのクラブからの関心があったことも報じられるようになってきたが、ふとぽるは、そんな柴崎岳の海外初挑戦の舞台に、ポルトガル2部ポルティモネンセを推薦したい。その理由は以下3点だ。

1.金崎夢生が取り持ち深めた鹿島とポルティモネンセの絆

ポルティモネンセといえば、現在鹿島のエースを務める金崎夢生が、かつて10番を背負ったクラブ。金崎の活躍により、ポルティモネンセは日本サッカーへの関心を高め、また、鹿島アントラーズと良好な関係を築き上げた。実際に、今季はチームのエースストライカーであったファブリシオを鹿島にレンタル移籍させていたし、クラブW杯には、ディレクターである元浦和MFポンテ氏やCEOサンパイオ氏も来日していた。ポルトガルのクラブでは珍しく、鹿島に、そして日本人に理解が深いクラブなのである。

さらに、ポルティモネンセにはブラジル人の父を持つ亀倉龍希が所属していることもメリットになる。初めての海外での生活をともにできる日本人であり、ポルトガル語を話せる亀倉の存在によって、ピッチでのパフォーマンスにも密接に関わる語学面の心配も軽減されるだろう。

ポルティモネンセには、柴崎が初の海外挑戦に集中できる環境が整っているのだ。

2.ポルティモネンセは現在2部で首位で、監督は4年連続で2部クラブを1部に導いている昇格請負人。ポルトガルの3強が目前に

ポルティモネンセは2部所属とはいえ、昨季は昇格の一歩手前であるリーグ4位に輝いた強豪。現在はここまで首位に立ち、1部昇格の最右翼となっている。監督は「昇格請負人」ことビトール・オリベイラ。これまで9クラブを1部に導き、現在は4年連続で2部クラブを昇格させている名将である。もし柴崎がこの冬にポルティモネンセへ移籍すれば、ポルトガル2部の厳しいフィジカルコンタクトを経験した後、来夏からは、強豪ひしめく1部リーグに挑戦できる可能性があるのだ。

参考記事:昇格請負人ビトール・オリベイラ

亀倉所属ポルティモネンセが、9度昇格経験の「昇格王」を新監督に招聘へ

ポルトガル1部といえば、ポルトやベンフィカ、スポルティングなど、欧州のメガクラブが熱視線を寄せる名門が在籍する注目市場。ステップアップを目論む選手にとっては、この上ない登竜門である。1部の下位クラブで活躍した選手は、このポルトガルの3強へ引き抜かれるのがポルトガルリーグの伝統であるため、柴崎も実力と運が味方すれば、来年の冬には早くも、例えばポルトでプレーしていることも可能性としては否定できない。

ポルトガルリーグには優秀な司令塔が不足していることも柴崎にとっては追い風となる。ポルティモネンセが1部にあがり、そこで3強の目に留まる活躍をしさえすれば、パソスでリーグ3位に輝き、翌年ポルトへ移籍した元ポルトガル代表ジョズエや、セトゥバルへのレンタルから復帰後にスポルティングで大爆発し、インテルに羽ばたいた現ポルトガル代表10番ジョアン・マリオらが辿ったキャリアを再現することも可能だ。

3.金崎夢生が体の強さやトランジションの速さを手にし、日本代表に登りつめたリーグ

今でこそ、金崎夢生は相手選手を背負ってもボールを取られない強靭なフィジカルや、奪われた際のトランジションの速さが日本代表にも選ばれる強みと知られるようになったが、それまでは典型的なドリブラータイプだったことは記憶に新しい。筆者は、ポルトガルで2試合ほどポルティモネンセ金崎の試合を生で観戦し、今の金崎夢生の強みは、ポルティモネンセ時代に培われたと感じている。多くの2部リーグがそうであるように、ポルトガル2部もフィジカルコンタクトが非常に激しいリーグであり、柴崎がまだ未熟さを残す、ボール奪取の迫力やボールを奪われた際の切り替えの速さなど、トップ選手になるためには鍛えておくべき弱点を強化できるチャンスが転がっているのだ。しかも、1部に上がれば、その機会はさらに濃厚なものに。ポルティモネンセが1部に昇格すれば、ポルトガルの3強からは終始攻撃の嵐を浴びせられることだろう。中盤で粘って失点に耐え、ボールを奪ったら速攻を仕掛けて得点を素早く奪うという経験から、弱点を強化できるのだ。

以上のように、筆者が柴崎をポルティモネンセへ推薦する理由は、ポルティモネンセが来夏よりポルトガル1部で戦う可能性が高く、ポルトやベンフィカ、ひいては欧州トップレベルの名門クラブに引き抜かれるシナリオもあり得るからだ。もし柴崎がポルトガルリーグで、ポルトのU-21スペイン代表オリベル・トーレスや期待のブラジル人オタービオ・モンテイロ、ベンフィカのポルトガル代表ラファ・シウバや、スポルティングのポルトガル代表アドリエン・シウバらと肩を並べる司令塔であると自身の価値を証明できれば、将来はクラブW杯で惜しくも敗れたレアル・マドリードに、CLの舞台で借りを返すことも夢物語ではない。

クラブW杯での2ゴールで世界への道が急速に拓けた柴崎岳。世界が注目する日本人MFはどのようなキャリアを選択するのだろうか。

鹿島戦の苦戦を認めるロナウド「あんなに良いプレーをされるとは思っていなかった」

『zerozero.pt』

鹿島アントラーズを延長戦の末4-2で下し、クラブの世界一に輝いたレアル・マドリード。この日前半は見せ場がなかったものの、後半以降にハットトリックを記録し、大会最優秀選手にも選ばれたクリスティアーノ・ロナウドは、鹿島相手に苦戦したことを認めた。

「大きな苦労をともなう試合だった。彼ら(鹿島アントラーズ)があれ程良いプレーをするとは、我々は思っていなかった。しかし、我々も良いプレーをした。少しダメージは負ったが、ファイナルとはこういうもの。すでに言っていた通り、最高の形で年を締めくくりたかったから満足だ」

今年はまさにクリスティアーノ・ロナウドの年だった。ポルトガル代表でEUROを制し、レアルではCLと今回のクラブW杯を戴冠した。そして、個人では4度目のバロンドールに輝くなど完璧なシーズンを送ったロナウドは、2016年を振り返った。

「夢のような年だった。このような形で終われるとは(このような難しい試合になるとは)思っていなかったけどね。決勝に勝ち、3ゴールを決め、レアル・マドリードを助けることができた。非常に満足だ」

レアル相手に奮闘した鹿島アントラーズ。世界一のフットボーラーに確かな爪痕を残したようだ。

©FutePor -ふとぽる-