タグ別アーカイブ: ベンフィカ

人材輩出目覚ましいベンフィカ、ついに超高額移籍選手でベストイレブンが完成!

近年、ライバルのポルトやスポルティングらを上回るペースで、ヨーロッパに多くの人材を送り込んでいるベンフィカ。クラブに入団した頃は無名でも、多くの選手が多額の移籍金を残し、ヨーロッパのビッグクラブへ羽ばたいていっている。スペインメディア『El Mundo Deportivo』が、そんなベンフィカの人材輩出力を取り上げ、高額な移籍金を残して退団したベンフィカ選手からベストイレブンを選定した。

GK
エデルソン・モラエス
(4000万ユーロでマンチェスター・シティへ)

DF
ファビオ・コエントラン
(3000万ユーロでレアル・マドリードへ)

ビクトル・リンデロフ
(3500万ユーロでマンチェスター・ユナイテッドへ)

ダビド・ルイス
(2500万ユーロでチェルシーへ)

MF
ネマニャ・マティッチ
(2500万ユーロでチェルシーへ)

アクセル・ウィツェル
(4000万ユーロでゼニトへ)

レナト・サンチェス
(3500万ユーロでバイエルンへ)

ベルナルド・シウバ
(1500万ユーロでモナコへ。その後、5000万ユーロでマンチェスター・シティへ)

FW
ニコ・ガイタン
(2500万ユーロでアトレティコ・マドリードへ)

ロドリゴ
(3000万ユーロでバレンシアへ)

ディ・マリア
(3300万ユーロでレアル・マドリードへ)

ベンフィカは、2010年からの7年間ですでに4億5000万ユーロという桁外れの移籍金収益を上げているが、今回選ばれたベストイレブンが生み出した移籍金は、なんと3億ユーロにも及ぶ。

©FutePor -ふとぽる-

モウリーニョが新戦力リンデロフを称賛「ユナイテッドで輝かしい未来が待っている」

『O JOGO』

マンチェスター・ユナイテッドを率いるジョゼ・モウリーニョ監督が、母国ベンフィカから獲得したスウェーデン代表CBビクトル・リンデロフを称賛した。

「彼はとても才能のある選手で、ユナイテッドでは素晴らしい未来が待っていることだろう。昨季は、我々のチームのオプションとなりえ、チームに深みを与えられることを示していた。ビクトルは、この夏チームに加わった最初の選手。我々の素晴らしい選手たちは、彼をチームの一員として迎え入れてくれることだ」

UEFAが選ぶ16-17のポルトガルリーグベストイレブンにも選ばれていたリンデロフは、マンチェスター・ユナイテッドと4年契約を締結。移籍金は3500万ユーロであった。

©FutePor -ふとぽる-

マンUとベンフィカが22歳CBリンデロフの移籍で合意!移籍金は3500万ユーロ

『zerozero.pt』

マンチェスター・ユナイテッドとベンフィカの両クラブが、スウェーデン代表CBビクトル・リンデロフに移籍に関して合意に達したことを発表した。

リンデロフのユナイテッド移籍でベンフィカが得る移籍金は3500万ユーロ。さらに、目標の達成度合いによって1000万ユーロのボーナスが加わる契約となったようだ。

現在、リンデロフはメディカル・チェックを行っており、終わり次第正式に契約を結ぶという。

22歳のリンデロフは、今季ベンフィカの守備の中心選手として47試合に出場した187センチの長身CB。レギュラーとしてフル稼働した今季は、UEFAが選ぶポルトガルリーグベストイレブンにも選出されていた。

©FutePor -ふとぽる-

ベンフィカまた大型移籍か。RSBネウソン・セメードが5000万ユーロでバルサ移籍目前

『zerozero.pt』

ポルトガルリーグ王者ベンフィカが、さらなる大型移籍を実現させそうだ。

昨日はブラジル代表GKエデルソン・モラエスを4000万ユーロでマンチェスター・シティへ売却することを発表したが、次はポルトガル代表RSBネウソン・セメードの移籍が濃厚となったようだ。

ネウソン・セメードにオファーを提示しようとしているクラブは、バルセロナ。ポルトガル代表の若手RSBに5000万ユーロという天文学的な移籍金を差し出す用意があるようだ。移籍交渉には敏腕代理人ジョルジ・メンデスが関わっており、なるべく早くに交渉を締結させたいバルセロナは、数日中の移籍完了を望んでいるという。

衝撃のデビュー年となった昨季に続き、セメードは今季もベンフィカ不動のRSBとして活躍し、47試合に出場。ベンフィカは23歳の同選手と2021年までの契約を結び、違約金は6000万ユーロに設定している。

©FutePor -ふとぽる-

UEFAが16-17ポルトガルリーグのベスト11を選出!ポルトが優勝のベンフィカを超える

『maisfutebol』

UEFAのポルトガル語版が、16-17シーズンのポルトガルリーグベストイレブンを選出した。

UEFAが選定したのは、ベストイレブンの11名とその控えとして7名。チームを率いる監督とシーズンMVPも選出した。イレブンには、3位スポルティングから2名、優勝のベンフィカから4名、2位のポルトからは優勝チームをこえる5名の選手が輩出された。

以下、UEFAが選出した16-17ポルトガルリーグベストイレブン

ベストイレブン
GK
イケル・カシージャス(ポルト)

DF
ネウソン・セメード(ベンフィカ)
フェリペ(ポルト)
ビクトル・リンデロフ(ベンフィカ)
アレックス・テレス(ポルト)

MF
ダニーロ・ペレイラ(ポルト)
ビッツィ(ベンフィカ)→シーズンMVP

FW
ジェウソン・マルティンス(スポルティング)
チキーニョ・ソアレス(ポルト)
コンスタンティノス・ミトログル(ベンフィカ)
バス・ドスト(スポルティング)

控え
GK
エデルソン・モラエス(ベンフィカ)

DF
マキシ・ペレイラ(ポルト)
セバルスティアン・コアテス(スポルティング)

MF
アドリエン・シウバ(スポルティング)
ヤシン・ブライミ(ポルト)

FW
ムサ・マレガ(ビトーリア・ギマラインス)
ジョナス(ベンフィカ)

監督
ルイ・ビトーリア(ベンフィカ)

©FutePor -ふとぽる-