タグ別アーカイブ: ポルト

中島翔哉、ポルトより好条件のベンフィカオファーを拒否か

『zerozero.pt』

ポルトへの移籍が決定した中島翔哉だが、加入以前に、ベンフィカからポルトを上回る条件のオファーが寄せられるも、拒否していたことが判明。ポルトガルメディア『O JOGO』が報じた。

同名メディアによると、ベンフィカのオファーはポルトが提示したものよりも年俸が40%ほど高額であり、かつ、アル・ドゥハイルの懐に入る移籍金もポルトの1200万ユーロを300万ユーロ上回る1500万ユーロが提示されていたようだ。それでも中島は、ポルトでのプレーを望み、好条件のオファーを断っていたという。

中島の正式加入に際して、ポルトのピント・ダ・コスタ会長は、他クラブが中島の獲得を狙っていたことを公言し、「彼は今やポルトの選手であり、いつも獰猛な鳥が目標を叶えられるわけではない」と例えていたが、そのクラブこそが、獰猛な鳥の象徴であるワシをチームロゴに据える最大のライバル、ベンフィカであったようだ。

かねてよりポルトでプレーする夢を語っていた中島翔哉。その強い想いはポルトガルリーグ王者ベンフィカをもってしても曲げられなかった。

©FutePor -ふとぽる-

18-19季ポルトガルリーグ各種賞が発表!年間MVPは2季連続ブルーノ・フェルナンデスに!

ポルトガルリーグが来たる19-20シーズン開幕を前に、前年18-19シーズンの各種賞を発表した。

1部の年間MVPには、スポルティングのポルトガル代表MFブルーノ・フェルナンデスが、昨季に続いて選出。リーグ優勝を果たしたベンフィカのピッツィとジョアン・フェリックスとともにノミネートされていたが、MFながら33試合で20ゴールという驚異の成績が評価され、元ポルトのフッキや、ベンフィカのジョナスらに続き、2年連続の栄冠に輝いた。

1億2600万ユーロでアトレティコ・マドリードへの移籍が決まったベンフィカのジョアン・フェリックスは、年間MVPが期待されていたが、年間最優秀若手選手賞に選出。レナト・サンチェス、ネウソン・セメード、ルーベン・ディアスに続き、4シーズン連続でベンフィカの選手が同賞に輝いた。

年間ベストイレブンには、逆転優勝を果たしたベンフィカよりポルトの選手が多く選出。ポルトから5名、ベンフィカから4名、スポルティングから2名が選ばれ、例年のごとく、ポルトガルの3強が同賞を独占する形となった。なお、最優秀監督賞には、ベンフィカを大逆転優勝に導いたブルーノ・ラージュが選ばれた。

GK
イケル・カシージャス(ポルト)
DF
アレックス・テレス(ポルト)
エデル・ミリタオン(ポルト)
ジェレミー・マテュー(スポルティング)
グリマルド(ベンフィカ)
MF
エクトル・エレーラ(ポルト)
ブルーノ・フェルナンデス(スポルティング)
ジョアン・フェリックス(ベンフィカ)
FW
ハリス・セフェロビッチ(ベンフィカ)
ラファ・シウバ(ベンフィカ)
ムサ・マレガ(ポルト)

各種賞の詳細は、下記の通り

ポルトガル1部リーグ

最優秀選手賞 ブルーノ・フェルナンデス(スポルティング)

最優秀監督賞 ブルーノ・ラージュ(ベンフィカ)

最優秀若手選手賞 ジョアン・フェリックス(ベンフィカ)

最優秀ゴール賞 ジョバネ・カブラウ(スポルティング)

得点王 ハリス・セフェロビッチ(ベンフィカ)
23ゴール
次点:ブルーノ・フェルナンデス20ゴール、ラファ・シウバ17ゴール

最優秀ゴールキーパー賞 イケル・カシージャス(ポルト)

フェアプレークラブ賞 ベレネンセス
フェアプレー個人賞 エデル・ミリタオン(ポルト)
最優秀ピッチ賞 ポルティモネンセ

ポルトガル2部リーグ

最優秀選手賞 ルイス・カルロス(パソス)

最優秀監督賞 ビトール・オリベイラ(パソス)

最優秀若手選手賞 ジョッタ(ベンフィカB)

得点王 ピレス(ペナフィエル)

最優秀ゴールキーパー賞 リカルド・リベイロ(パソス)

フェアプレークラブ賞 ベンフィカB

フェアプレー個人賞 ルーベン・フレイタス(マフラ)

©FutePor -ふとぽる-

ポルト会長、中島翔哉の獲得について語る

『O JOGO』

ポルトが日本代表FW中島翔哉の獲得を正式に発表。ポルティモネンセ時代から獲得を目指していたピント・ダ・コスタ会長が、中島の獲得が実現したことに対する喜びを語った。

「中島はポルトでプレーしたいという夢を持っていた(※中島はポルトガルメディアに対して「ポルトでプレーするのは夢」と公言し、ポルトガルで大きく取り上げられていた)。そのため、ポルト対ポルティモネンセの試合の後に、私は中島とそのことについて会話をしたが、彼は代理人のテオドロ・フォンセッカの願いでもあるその気持ちを表明してくれた。しかし、それはポルトにとっても、長年抱いていた夢であった。我々が獲得を長らく狙っていた選手であり、監督もそのクオリティを高く評価していた。幸運にも全てがうまくいき、彼は今日、ポルトのユニフォームを着ることができた。彼にとっても良いことだろう」

ポルトは昨年から中島の獲得を目指していたが、結果的に同選手はカタールのアル・ドゥハイルに3500万ユーロで移籍。今回のポルト移籍も強豪クラブが存在し、実現には苦労したことを明かした。

「契約は簡単ではなかった。彼は遠方の国でプレーしていたが、私が初めてテオ(代理人)と接触したときから、彼がポルトに来てくれることを確信していた。彼にスカウトを送りこんで獲得を試みクラブも存在したが、幸いにも、彼が他のクラブに行ってしまうことは避けられた。彼は今やポルトの選手であり、いつも獰猛な鳥が目標を叶えられるわけではないのだ」

記者に「完璧な両思いですね?」と聞かれた際には、「まさにそうだ」と語り、「彼自身の意思と我々の意思がなければ、彼がいまここにいることはなかっただろう。彼には他の選択肢もあったが、コンタクトを開始した初日からポルトでのプレーを望んでくれた。彼の価値については、信頼というよりも期待をしている」と、両者の願いが一致した移籍となったことを公言。最後に、中島がポルトでプレーしたいという希望を抱いていたことが今回の移籍の実現に繋がったことについて、会長自身の補強に際してのポリシーを語った。

「ますますこのユニフォームを100%想ってくれる選手が必要になってきている。これは私が契約に乗り出す際に、理想と考えている選手の特徴だ」

一部現地報道では、中島はアル・ドゥハイルで受け取っていた高額年俸を減俸してまで、今回のポルト移籍を望んだとされる。その想いが、ピント・ダ・コスタ会長を動かし、両者の夢が一致する結果となったのだろう。

©FutePor -ふとぽる-

中島翔哉、「登竜門」ポルト移籍正式決定!日本人初の偉業、気になる契約の詳細は?

2018-19シーズンをリーグ2位で終えたポルトガルの強豪ポルトが、日本代表FW中島翔哉の加入を正式に発表した。

クラブの公式発表によると、ポルトはアル・ドゥハイルより中島の保有権のうち50%を1200万ユーロで獲得したことで合意。契約期間は2024年6月30日までとなる5年の長期契約となった。違約金は8000万ユーロが設定され、かつてスポルティングの田中順也に付けられた6000万ユーロを大幅に上回った。

CLを2度制した強豪ポルトに日本人が加入するのは初の偉業。アジア人としてはビトーリア・セトゥバルから移籍した韓国人FWソク・ヒョンジュン以来2人目となった。なお、背番号は中島自身が後釜とされているアルジェリア代表FWヤシン・ブライミが背負っていた8番となった。

移籍に際して、中島はクラブの公式SNSが配信する動画インタビューに応答。「ポルトのユニフォームを着て、一員になれてすごく嬉しい」と、念願を公言していた移籍が実現したことへの喜びを口にした。

ポルトは、近年ベンフィカとともに、ポルトガルの2強として肩を並べる国内いちのビッグクラブであり、CLの常連として2003-04シーズンにはジョゼ・モウリーニョ監督のもと欧州王者にも輝いたヨーロッパ屈指の強豪チームである。クラブの愛称は「ドラゴンズ」であり、文字通り欧州のメガクラブへの「登竜門」として、数々のスター選手を輩出してきた。その一人が、中島がかつて所属した東京ヴェルディでもプレー経験がある元ブラジル代表フッキであり、他にもコロンビア代表ハメス・ロドリゲスやラダメル・ファルカオなど、ポルトを経由して欧州のサッカーシーンを代表するプレーヤーへと成長した例は多い。

各国の代表クラスが並み居るドラゴンズの一員としてこの登竜門を潜り抜け、夢のメガクラブへと羽ばたけるか。中島翔哉にとっては、勝負の一年となるだろう。

元鹿島FWカイオ・ルーカス、ベンフィカ移籍へ。2019-20季からの5年契約を締結か

かつて鹿島アントラーズに所属し、現在はアル・アインに所属しているブラジル人FWカイオ・ルーカスが、ベンフィカ移籍で合意に達したようだ。複数のポルトガルメディアが報じた。

『O JOGO』によると、ベンフィカが数日間の交渉の末、アル・アインとの契約最終年にあるカイオと2019-20年からの移籍について合意に達したという。また『Record』によると、現在スペイン・ポルトガル方面を旅行しているカイオは火曜日にリスボンに戻り、メディカルチェックを受ける予定。その後、5年間の契約を結ぶと見られている。

クラブW杯で準優勝に輝き、自身はシルバーボール賞を獲得したカイオには、かねてからポルトやベンフィカ、シャフタールらが関心を寄せていた。先日はポルトが金銭面等を理由に獲得を見送ったことが報じられており、その去就が注目されていた。

ベンフィカといえば、今季の成績不振を受けて、リーグ2連覇を含む6つのタイトルをもたらしたルイ・ビトーリア監督を解任したばかりで、クラブとしての転換期を迎えている。鹿島やアル・アインでタイトルの味を知るカイオは、ポルトからのタイトル奪還を狙うベンフィカにとって救世主となれるだろうか。あとは正式発表を待つのみだろう。

©FutePor -ふとぽる