タグ別アーカイブ: ポルト

【ミニコラム】大型補強のポルト。その裏に見え隠れする会長から監督へのプレッシャー

プレシーズンマッチでシャルケとの練習試合をスコアレスドローで終えたポルト。主力選手放出によるチーム力の低下を受け、ロペテギ監督がさらなる補強を示唆した。

「何人かの非常に重要な選手が、ヨーロッパのトップクラブ数チームへ移籍して行った。今のチームには満足しているが、私自身もクラブも、もっと何かが必要だということは分かっている」

このシーズンオフに、長らくチームを支えた数名の主力選手が世界に羽ばたいて行った。3年連続リーグ得点王となったジャクソン・マルティネスと、ブラジル代表右サイドバッグのダニーロは、それぞれアトレティコとレアルの、マドリード2大クラブへ活躍の場を移した。ベテランとしてチームを引っ張り、CLでも大活躍を果たしたリカルド・クアレスマは、監督との不仲を理由に古巣ベジクタシュへ復帰した。

また、昨季ロペテギ監督が大量に敢行した有力若手選手のレンタルでの獲得も、プレシーズンに入ってからは、監督自身の首を絞めつけている。中盤でチームを支えたカゼミロはレアルに、攻撃面で存在感を放ったオリベル・トーレスはアトレティコに、それぞれレンタル移籍から所属チームへ復帰した。

彼らはいずれも昨季のチームの主力を担った選手たちであり、その退団がチーム力の低下を招いているのは言うまでもない。そこでポルトは、このプレシーズンでその穴を埋めようと類を見ない積極補強を進めている。主力選手がヨーロッパのビッグクラブから引き抜かれる有様は何も今に始まった事ではない。ただ、例年とは明らかに毛色の違う、巨額の資金を動員する補強戦略の裏には、ピント・ダ・コスタ会長が2年連続無冠に終わったポルトに、今季こそはタイトルをもたらしたいと願う、確固たる野望が見え隠れする。歴代史上最高額でフランス人インビュラを獲得し、ゴールマウスにはレアル・マドリードからイケル・カシージャスを電撃補強した。他にも、フェルナンド・ジョレンテやエディン・ゼコ、エリック・ラメラといった超が付く有名選手を獲得するという噂が報じられている。これほどまでに多くのスター選手が話題に上るのは、まさに異例の事態である。

このような補強戦略の大転換は、クラブ会長からロペテギ監督へのプレッシャーとも見受けられる。昨季は就任1年目というハンデを大目に見られ、無冠でもその試合内容から会長の信頼を勝ち得ることができた。しかし、2年目の来季からは、クラブが積極補強を進めていることも相まって、そのような言い訳は通用しないだろう。3年連続リーグ得点王という快挙を成し得たジャクソンに代わるストライカー探しに失敗し、今後得点力不足に拍車がかかるようならば、ロペテギの監督の座も安泰ではないだろう。

スター選手の大型補強で紙面を賑わせるポルトだが、その裏にはタイトル獲得を熱望するクラブ会長から監督へのかつてない重圧があった。就任2年目、ロペテギ監督は今まさに正念場を迎えている。

レアルとシャフタールからポルトが狙う2人のブラジル人MF

『zerozero.pt』

ポルトがレアル・マドリードとシャフタール・ドネツクから、それぞれ2人のブラジル人MFの獲得を狙っている。

1人目がレアルのルーカス・シウバ。レアルは保有する4名のユーロ圏外選手のうち1人の売却を迫られており、同選手が退団を余儀なくされるという。レアルは現在ハメス・ロドリゲス、ダニーロ、カゼミロ、ルーカス・シウバという4名のユーロ圏外選手を抱えているが、上限は3名と決まっているからだ。

ポルト以外にも、レアルが昨季クルゼイロから獲得した22歳のブラジル人MFには、フィオレンティーナやヘタフェ、デポルティボ,ダ・コルーニャやセビーリャなどが関心を示しており、ポルトは激しい獲得レースを強いられることとなる。

2人目がシャフタールのアレックス・テイシェイラ。イタリアメディア『TuttomercatoWeb』が月曜日、ポルトが同選手に興味を持つクラブのうちのひとつであることを明かした。25歳のブラジル人MFは2017-18シーズンまでシャフタールと契約を結んでおり、獲得には2500万ユーロがかかると推測されている。積極補強を進めるポルトにとっても相当な高額である。

©FutePor -ふとぽる-

トッテナム所属アルゼンチン代表ラメラにポルト移籍の可能性が浮上

『zerozero.pt』

ポルトガルメディア『Record』が月曜日、トッテナムのエリック・ラメラが来季よりレンタルでポルトへ加入する可能性を報じた。

同紙によると、23歳のアルゼンチン代表MFは、ホワイト・ハート・レンでの不規則なシーズンを終え、ポルトに活躍の場を移す可能性が限りなく高いようだ。ポルトはレンタルで同選手を獲得し、750万ユーロの買い取りオプションが付けられると噂されている。

2013年にローマから3000万ユーロの大金でトッテナムに移籍したラメラ。2シーズンで63試合に出場し6ゴールを挙げている。

©FutePor -ふとぽる-

ビトール・ペレイラ監督が古巣ポルトらの現状を分析。「3強へ到達することはかつてのキャリアのピーク、現在は通過点」

『O JOGO』

2015年7月26の『O JOGO』電子版に、フェネルバフチェ新監督ビトール・ペレイラが登場。昔とは違い、ポルトやベンフィカなどの強豪クラブがスター選手の「踏み台」となっている事実に、古巣ポルトを例に出しながらコメントした。

「グローバル化の波がフットボールに押し寄せている。現在ではポルトガル人スター選手は大金に見合う存在になり、ポルトガルを出てヨーロッパのビッグクラブに移籍している。かつてはこのようなことにはならず、優れたポルトガル人選手をチームに残すことが可能性だった。ポルトやベンフィカ、スポルティングなどのクラブへ到達することがキャリアのピークだったのだ。現在ではこれらクラブはポルトガル人選手にとって通過点にすぎない。ポルトで1年間を過ごすと、他の便に乗ることを考え始める。そしてタイトルを獲得すると、すぐに退団を望むんだ」

昨季のポルトでは、スタメンにポルトガル人選手が1人もいない珍事が起こった。母国でもポルトのポルトガル人選手の減少については話題に上っており、ビトール・ペレイラ監督が古巣の状況を分析したのである。同氏の考えでは、このような現状を変え遠い過去に戻ることは不可能であるようだ。

「神秘を持続するのは大変難しいこと。かつてポルトにジョルジ・コスタやビトール・バイーアがいた時期を思い返せば十分だ。トップのポルトガル人選手を6人も7人もチームに残すことなど、どうできようか。彼らはそのようなキャリアの段階には、イングランドやスペインといったような、規模の違う巨大リーグに行くことを望むんだ」

©FutePor -ふとぽる-

ユベントスやアトレティコが関心のアレックス・サンドロの移籍が一転。ポルトと契約延長へ

『zerozero.pt』

所属するポルトとの契約が残り1年となったブラジル人LSBのアレックス・サンドロ。これまでユベントスやアトレティコなど強豪クラブへの移籍が噂されていたが、一転してポルトと契約を延長する可能性が高まったようだ。

ポルトガルメディア『O JOGO』によると、現在ドイツにて第2次キャンプを行っているチームがポルトに戻り次第、ブラジル人LSBがクラブとの契約延長にサインするようだ。

ポルトと1年間の契約延長を果たしたジャクソン・マルティネスと良く似た新契約になりそうだ。昨季、ポルトの強い要請を受けて残留したジャクソンは、1年間クラブに残る代わりに、翌シーズンには金銭面での障害がないようクラブと特別条項を取り付けた。そして実際に、来季より3500万ユーロに減額された違約金にてアトレティコへの移籍が実現したのである。アレックス・サンドロも同様の条項のもとポルトと契約を延長し、来夏の移籍を前提として、今季はチームに残留する可能性が高いようだ。

©FutePor -ふとぽる-