タグ別アーカイブ: スポルティング

U-21ポルトガル代表10番、スポルティング移籍濃厚に。選手本人がクラブ間合意を明かす

『maisfutebol』

セリエAサンプドリアに所属するブルーノ・フェルナンデスのスポルティング移籍が濃厚となった。ポーランドで行われたEURO2017をグループステージ敗退で終え、母国ポルトガルに帰国した同選手は、サンプドリアとスポルティングですでにクラブ間合意に達していることを明かした。

「僕が知っていることは、すでにサンプドリアとの合意があり、僕との契約に関心があるということ。まだ代理人とは話していないが、今日か明日にもでも会ってニュースを待つよ」

ポルトガルのプロチームでプレーした経歴がない異色のキャリアを持つブルーノ・フェルナンデスは、母国のビッグクラブでプレーすることについてはこのように語った。

「いつも、ビッグクラブのひとつでプレーすることは大きな誇りだと言ってきた。特に僕はポルトガルでプレーしたことがないからね。そしてスポルティングは、歴史のある偉大なクラブ。そこでプレーできるのは、間違いなく大きな喜びであり誇りだ」

ブルーノ・フェルナンデスは、母国ではボアビスタのユースチームでプレーし、その後イタリアはノバーラのU-20へ移籍。同クラブでプロデビューを果たしてからは、ウディネーゼ、サンプドリアと、セリエAのチームを転々としてきた。リオ・オリンピックと先日のU-21代表でも10番を背負ってきた期待の若手選手は、母国ポルトガルのビッグクラブへプロとして帰国するのだろうか。

©FutePor -ふとぽる-

コエントラン、スポルティングへの「禁断の移籍」が間近に。残すは詳細を詰めるのみか

『zerozero.pt』

レアル・マドリードの元ポルトガル代表SBファビオ・コエントランのスポルティングへの「禁断の移籍」がいよいよ現実味を帯びて来た。

ポルトガルメディア『zerozero.pt』によると、コエントランのスポルティングへの移籍は、あとは契約の詳細を詰めた後、メディカルチェックを受けるのみであるという。また同メディアは、レアル側がコエントランの給料の80-90%を負担することでクラブ間合意に達したとも報じている。

仮にスポルティングへの移籍が実現した場合、ベンフィカ出身のコエントランにとっては、ライバルへの「禁断の移籍」となる。しかし同時に、本移籍はベンフィカ時代の恩師ジョルジ・ジェズスとの再会も意味する。世界一の名門レアル・マドリードへのステップアップの力になってくれた恩師のもと、かつての輝きを取り戻せるだろうか。

©FutePor -ふとぽる-

コエントラン、スポルティングへ禁断の移籍も。レアルは90%の年俸を払うことにも好意的

『zerozero.pt』

レアル・マドリードに所属する元ポルトガル代表LSBファビオ・コエントランのスポルティング移籍がにわかに現実味を帯びてきた。

『O JOGO』によると、レアルとスポルティングはすでにコエントランの移籍に関して対談の場を設け、1年のレンタルともう1年の延長オプションが付けられた契約で話が進んでいるようだ。さらに、最大で2年間に及ぶレンタル期間中は、レアルが同選手の年俸の90%を支払うことにも好意的な姿勢を示しているという。

コエントランはすでにスポルティング会長ブルーノ・デ・カルバーリョと、元恩師ジョルジ・ジェズスを交え対談。かりに移籍が実現すれば、コエントランにとっては2007-11シーズンにジョルジ・ジェズスに率いられたベンフィカ時代以来となるポルトガル復帰に。恩師に誘われ、禁断の移籍を実現させるのだろうか。

©FutePor -ふとぽる-

UEFAが16-17ポルトガルリーグのベスト11を選出!ポルトが優勝のベンフィカを超える

『maisfutebol』

UEFAのポルトガル語版が、16-17シーズンのポルトガルリーグベストイレブンを選出した。

UEFAが選定したのは、ベストイレブンの11名とその控えとして7名。チームを率いる監督とシーズンMVPも選出した。イレブンには、3位スポルティングから2名、優勝のベンフィカから4名、2位のポルトからは優勝チームをこえる5名の選手が輩出された。

以下、UEFAが選出した16-17ポルトガルリーグベストイレブン

ベストイレブン
GK
イケル・カシージャス(ポルト)

DF
ネウソン・セメード(ベンフィカ)
フェリペ(ポルト)
ビクトル・リンデロフ(ベンフィカ)
アレックス・テレス(ポルト)

MF
ダニーロ・ペレイラ(ポルト)
ビッツィ(ベンフィカ)→シーズンMVP

FW
ジェウソン・マルティンス(スポルティング)
チキーニョ・ソアレス(ポルト)
コンスタンティノス・ミトログル(ベンフィカ)
バス・ドスト(スポルティング)

控え
GK
エデルソン・モラエス(ベンフィカ)

DF
マキシ・ペレイラ(ポルト)
セバルスティアン・コアテス(スポルティング)

MF
アドリエン・シウバ(スポルティング)
ヤシン・ブライミ(ポルト)

FW
ムサ・マレガ(ビトーリア・ギマラインス)
ジョナス(ベンフィカ)

監督
ルイ・ビトーリア(ベンフィカ)

©FutePor -ふとぽる-

PSGへ監督流出危機のスポルティング、新監督として国内外から4名をリストアップ

『zerozero.pt』

ヌーノ・エスピリト・サントが退任し、新監督を探しているポルトに引き続き、スポルティングも新監督の確保に強いられている。

現在指揮を執るジョルジ・ジェズスには、ウナイ・エメリ監督に満足していないパリ・サンジェルマンが興味を抱いており、違約金を満たす1500万ユーロを支払う用意があるようだ。監督自身も、初となる海外のビッグクラブへの監督就任を望んでおり、オファーが届けば流出は避けられない。

そこで、スポルティングは、来季の新監督候補として4名をリストアップ。ポルトガルリーグから1名、海外リーグから3名に注目しているようだ。

1人目は、今季ビトーリア・ギマラインスをリーグ4位に導いたペドロ・マルティンス。現在ベンフィカでリーグ4連覇を達成したルイ・ビトーリアですらギマラインスを5位に導くにとどまったのだから、その手腕に疑いの余地はない。

2人目は、国内リーグではアロウカなど多くの下位クラブを残留に導き、現在はマッカビ・テル・アビブを率いるリト・ビディガル。

3人目は、1860ミュンヘンで3部降格の危機にいるビトール・ペレイラ。フェネルバフチェやこの1860ミュンヘンでもいまいちふるっていないが、ポルト時代には無敗優勝を含むリーグ2連覇を達成するなど、実績は十分だ。

4人目は、ポルトも狙っているパウロ・ソウザ。かつてクラブでプレーしたOBは、今季限りでフィオレンティーナとの契約を終えるため、フリーで獲得できる可能性がある。

ベンフィカでの6シーズンで10のタイトルを獲得した名将ジョルジ・ジェズスの引き抜きは大ダメージとなるが、その影響が最小限となる実績・経験が豊富な4監督が揃った。ジョルジ・ジェズスの動向とならび、スポルティングの新監督人事に注目が集まる。

©FutePor -ふとぽる-