タグ別アーカイブ: アンケート

Twitterアンケート結果。「4強で好きなチームは?」「ポルトガルサッカーの象徴は?」

Twitterアンケート第3弾。初の試みとなる4つの選択肢を設定した質問を2題提示し、多くの方々に回答頂いた。「ポルトガル4強クラブの中で好きなチームは?」そして「ポルトガルサッカーの象徴は?」の2つについて、回答結果をご紹介する。

まず1つ目の質問について。ベンフィカ、ポルト、スポルティング、ブラガの「4強」クラブのうち、どのクラブが一番好きかを回答頂いた。第1回で行った「ポルトとベンフィカのどちらが好き?」のアンケートで78%の方がポルトが好きと答えた質問に続き、今回も同クラブが圧倒的な人気を誇ることが明らかとなった。

245票のうち、約6割にも及ぶ59%がポルトが好きと回答。21%のスポルティングは2位につけた。やはり田中順也選手が所属しているということで好きになった方が多いのだろうか。3位のベンフィカは17%とスポルティングを僅かに下回った。ポルトガルでは国民の7割がベンフィカファンと言われるが、日本での人気はまだまだ低いようだ。ブラガに至っては3%に。近年力をつけてきたクラブだが、実力、知名度、人気度、あらゆる観点から3強クラブとは一線を画していることが読み取れる。

続いての質問はポルトガルサッカーの象徴について。やはり「サッカーの象徴」であるためだろうか、監督よりもプレーヤーに多くの票が寄せられた。

345票のうち、1位のクリスティアーノ・ロナウドは約半数の47%。2位ルイス・フィーゴの33%と合わせると、ちょうど8割の回答が両者に集中した。回答者がサッカーをよく見た時期の両選手の活躍具合など、世代間の票差が表れたのだろうが、両選手がポルトガルサッカーを象徴する選手だと認識されていることは間違いなさそうだ。本国では偉大なレジェンドと見なされているエウゼビオは11%で3位に。ポルトガルサッカーが今よりもさらにマイナーな時期の選手なので、フィーゴやクリスティアーノほどあまり詳しくは知らないという方が多かったのだろう。予想外の結果となったのは4位の9%しか獲得できなかったモウリーニョだ。やはりサッカーは選手ありきのスポーツ。主役はプレーヤーであるという認識が裏に潜んでいるように思えた。

©FutePor -ふとぽる-

Twitterアンケート結果。2名のポルトガル関連の日本人選手、田中順也と金崎夢生は移籍すべき?

ふとぽるが実施したTwitterアンケートの第2弾。スポルティングで出場機会を得られない田中順也は移籍すべきなのか。そして、鹿島で5年ぶりに日本代表に選ばれた金崎夢生はポルトガルへ復帰するべきなのか。ポルトガルの日本人選手2名に関連したアンケートに多くの票が寄せられた。

1つ目の質問は、スポルティングで試合に出られない田中順也の処遇について。ELスカンデルベウ戦で今季初のスタメン出場を果たしたものの、未だ定位置獲得には至っていない。前監督マルコ・シウバのもとでは準レギュラーとしてその実力を発揮したものの、今季より監督を務めるジョルジ・ジェズスの布陣には割り込めない。本当なら実力があるのに、今のチームの監督では…アンケートはそんなファンの声が形となった。

169票のうち、85%もの方がスポルティングという強豪クラブやELに出場できるステータスを捨ててでも、中堅クラブに移籍して試合に出るべきだと回答した。スポルティングでも活躍できることは昨季すでに証明済み。そんな田中順也が本来の力を発揮できるチームでその姿を見たい。ファンの期待が現れる結果となった。

続いて、ポルトガル2部のポルティモネンセから鹿島アントラーズへレンタル中の金崎夢生について。現在2部で2位に位置して1部昇格のチャンスもあるチームで、昨季はエースの10番に君臨していた金崎。そんなポルティモネンセに戻って海外挑戦を続けるべきなのか。しかし、そう考えるファンは意外にも32%にすぎなかった。

それよりも、ナビスコ杯で大活躍し、日本代表にも選ばれた鹿島アントラーズで続けるべきとの声が68%を占めたのだった。もしポルティモネンセが今年1部に復帰したら、金崎はチームへの復帰を現実的に考えるかもしれない。しかし、日本代表にも選ばれた鹿島でプレーを続行させる可能性も十分にある。ファンとしては、後者のように日本で活躍する姿を間近で見たいのだろう。

田中順也と金崎夢生。どちらのアンケートでも、選手が存分に試合へ集中でき、ファンもそのイキイキとした姿を間近で見たいという願望が垣間見えた。

©FutePor -ふとぽる-

Twitterアンケート結果。「モウリーニョは好き?嫌い?」「ポルトとベンフィカどっちが好き?」

先日ふとぽるがTwitter上で行った2つのアンケート。「モウリーニョは好きか嫌いか」「ポルトとベンフィカ、どちらが好きか」という質問に、多くの答えが寄せられた(回答してくださった皆様、誠にありがとうございました)。今回はそのアンケートの結果を公表する。

1つ目の質問に関し、モウリーニョの支持率は、約6割だということが判明した。127名の方から回答を頂き、62%が好き、38%が嫌いと回答した。やはり自チームの選手は守り切り、他クラブへは強烈な攻撃をする監督であることから、どのクラブを支持しているかによって、彼への好き嫌いも分かれるのだろう。

2つ目の質問、すなわちポルトとベンフィカのどちらが好きかとの問いは、意外な結果となった。135名の方から回答を頂き、約8割にも及ぶ78%が、ポルトの方が好きと答えたのだ。母国ポルトガルでは国民の約7割がベンフィカファンであると言われる中、ポルトと比べた日本での人気は22%にとどまった。かつてJリーグでプレーしたフッキや、モウリーニョ、ビラス・ボアス、ファルカオ、ハメス・ロドリゲスなど日本でもメディアを賑わす超有名人を多く輩出していることが、高支持率の一因だろう。または、ベンフィカよりもCLの舞台で優れた結果を残していることもあるのだろうか。

どちらのアンケートも、予想に反した結果が導き出され、非常に興味深いものとなった。

©FutePor -ふとぽる-