タグ別アーカイブ: インビュラ

15-16冬の移籍市場。ポルトガルリーグで締結した8つの駆け込みビッグディール

2015-16シーズン、ヨーロッパ主要リーグにおける冬の移籍市場が閉幕した。グアルディオラ監督のマンチェスター・シティ行きなどビッグディールが生まれたが、ポルトガルリーグでも8つの特筆すべき交渉が締結した。以下にご紹介する。

1.エルナン・バルコス
(天津泰達→スポルティング)
31歳のアルゼンチン人FWは、スポルティングと1年半+2年の延長オプションの契約を締結。違約金は6000万ユーロ。

2.フレディ・モンテーロ
(スポルティング→天津泰達)
スポルティングの10番は、バルコスと入れ替わる形で中国へ。移籍金は約500万ユーロ。

3.田中順也
(スポルティング→柏レイソル)
度々報じられた田中順也のスポルティング退団が最終日に成立。2017年7月までのレンタルという形で古巣レイソルに復帰。

4.ビトール・アンドラーデ
(ベンフィカ→ギマラインス)
ルイ・ビトーリア監督のもと出場機会を増やしていた20歳の若手FWが、監督の古巣へ今季末までレンタル。

5.ルカ・ジョビッチ
(レッドスター→ベンフィカ)
イバン・サポニッチに続き、ベンフィカがセルビア市場から期待の若手FWを獲得。「セルビアのファルカオ」ことジョビッチとの契約を成立させた。

6.インビュラ
(ポルト→ストーク)
今夏クラブ史上最高額と言われる約2000万ユーロの移籍金でマルセイユから加入も、僅か半年で退団。ストークへ420万ユーロを上乗せした2420万ユーロの大金をポルトへ残し、5年半の契約でプレミアへ。

7.エウデル・ポスティガ
(アトレティコ・デ・コルカタ→リオ・アベ)
元ポルトガル代表のスター選手が、インドから母国へ復帰。先日レンタルで放出された弟ジョゼ・ポスティガと入れ替わる形でリオ・アベに。EURO2016への出場を望んでの帰国とのこと。

8.アベル・アギラール
(トゥールーズ→ベレネンセス)
コロンビアの代表格がポルトガル下位チームへ電撃移籍。今季末までの契約を結び、ベレネンセスの上位躍進に貢献する。

©FutePor -ふとぽる-

ポルトの屈強MF2選手に複数の強豪クラブが関心

『A BOLA』

ポルトに所属する2選手、フランス人MFインビュラとポルトガル代表MFダニーロ・ペレイラに、欧州各国の強豪クラブが関心を寄せている。

今季よりポルトへ加入した両名は、チームの中盤を支える屈強なMFである。インビュラに対しては、かねがねイングランドのサウサンプトンやイタリアのナポリとミランなどからの関心が報じられていたが、ここにきてバレンシアも新天地候補に浮上した。インビュラは、2000万ユーロというポルトガルでは破格の移籍金で、今季マルセイユからポルトへ加入したが、未だその価値に見合う活躍を披露していない。移籍に際しては、ポルトが求める最低3000万ユーロの高額移籍金を支払えるクラブが浮上するかどうかが鍵となるだろう。

今季マリティモから加入し、ポルトガル代表にも選ばれるなど大成長を遂げたダニーロ・ペレイラには、アーセナルが関心。今冬に中盤の強化を望むベンゲル監督が、屈強なポルトガル人MFの獲得に興味を抱いているようだ。

ポルトガルリーグで唯一無敗を維持するポルト。念願のリーグ優勝に向けて戦力ダウンは避けたいところだろう。

©FutePor -ふとぽる-

移籍騒動のインビュラ。ポルト退団には最低3000万ユーロが必要か

『A BOLA』

クラブ史上最高額とされる移籍金で入団しながらも、いまいち結果を残せていないポルトのフランス人MFインビュラ。ロペテギ監督からも絶対的な信頼を得られておらず、冬の移籍市場での退団も予想されている。

しかし、ポルト側も史上最高額で獲得した選手をやすやすと手放すわけにはいかないようだ。今季マルセイユから2000万ユーロで獲得した高額選手であるため、この冬の退団には、最高で違約金額である5000万ユーロ、最低でも3000万ユーロを求めているという。また、5年契約を結んでいる選手であり、契約期間を多く残していることも要因だろう。

インビュラにはミランやサウサンプトンが関心を寄せていると噂されている。決してリーグで活躍をしているとは言えないMFを3000万ユーロで獲得できるチームは現れるのだろうか。

©FutePor -ふとぽる-

ポルト歴代最高額で加入のフランス人MFにサウサンプトンが興味

『zerozero.pt』

今季よりマルセイユからポルトに加入したフランス人MFインビュラに、プレミアリーグのサウサンプトンが関心を寄せている。

ポルト史上最高額で加入したと報道されているインビュラは、ここまで14試合に出場した23歳の若手MFである。ホームのCLチェルシー戦では突出した活躍を見せたが、このところロペテギ監督の信頼を失い気味。ディナモ・キエフ戦での低パフォーマンスを境に招集メンバーから外されている。

インビュラの違約金は5000万ユーロに設定されている。サウサンプトンには、ポルトガル代表DFのセドリックやジョゼ・フォンテが所属しているが、ポルトガルリーグからの流入は実現するのだろうか。

©FutePor -ふとぽる-