タグ別アーカイブ: ゴンサロ・パシエンシア

食野亮太郎が移籍したリオ・アベってどんなクラブ?

マンチェスター・シティに所属する元ガンバ大阪FW食野亮太郎が、ポルトガル1部リオ・アベに移籍することが決定。契約期間は2年、買取りオプション付きのレンタル移籍となった。

食野の新天地となったリオ・アベは、2019-20シーズンにリーグ5位に輝いたポルトガルを代表するクラブの一角だ。今回は食野の移籍に際して、日本ではあまり知られていない同クラブの特徴についてご紹介する。

ポルト郊外に位置するポルトガル屈指の実力派

リオ・アベのホームスタジアム「エスタディオ・ドス・アルコス」は、ポルト区域内のメトロで北西に伸びるレッドラインの西端「ビラ・ド・コンデ」に位置する。ポルト中心部からは約1〜1.5時間で辿り着ける距離である。レッドラインは、FCポルトのホームスタジアム駅「エスタディオ・ド・ドラガオン」を終着点としてポルトを縦横断しているため、リオ・アベ⇄ポルトのそれぞれのスタジアムへのアクセスは、メトロ一本で可能となる。

リオ・アベは、昨季2019-20シーズンには、ポルトガルリーグで5位に輝き、見事プレーオフからのEL挑戦権を獲得した。ポルトガルリーグは、ポルト・ベンフィカ・スポルティング・ブラガの「4強」が頭ひとつふたつ飛び抜けているが、それ以外のクラブの中では、毎年コンスタントに躍進している実力派クラブの一角と言えよう。過去3シーズンを遡っても、2016-17シーズンには7位、2017-18シーズンは5位、そして2018-19シーズンは7位と、上位クラブとしてのポジションを確固たるものに。2013-14シーズンには、ポルトガル国内の2つのカップ戦で、ともに決勝まで進出している。

良い監督が良い選手を育てる好循環

リオ・アベをポルトガル国内屈指のチームとしているひとつの理由は、その「監督輩出力」にある。近年はリオ・アベから世界に羽ばたく優秀な監督が量産されており、彼らによって育成された選手も欧州の名門クラブにステップアップする好循環が生まれている。

前述した国内2つのカップ戦で決勝進出を果たしたのは、現ウルバーハンプトン監督ヌーノ・エスピリト・サントである。同監督は本シーズン後に、スペインの名門バレンシアへとステップアップ。敏腕代理人ジョルジ・メンデスの「最初の顧客」として知られる同氏だけに、メンデスが懇意にするバレンシアへの移籍は実力以上の力が働いたことが推察されるが、いずれにせよ、このポルトガルの中堅クラブから世界の舞台に羽ばたく前例を作った。

ヌーノ・エスピリト・サントの後を継いだペドロ・マルティンスは、リオ・アベで2シーズンにわたって指揮を執り、その後ビトーリア・ギマラインスを経て、現在はギリシャの名門オリンピアコスを指揮。2016-17シーズンに監督途中交代のピンチヒッターを務めたルイス・カストロは、ウクライナ王者シャフタールでリーグ優勝やCL出場を経験している。昨シーズンのリーグ5位と同等の躍進を遂げた2017-18シーズンにチームを指揮したミゲウ・カルドーゾは、リオ・アベでの1年を経て、その後スペインのセルタやフランスのナント、ギリシャのAEKの監督を歴任した。

昨季クラブを5位に導いたカルロス・カルバリャウも、例によって、ポルトガル4強の一角ブラガに引き抜かれる中、今2020-21シーズンに新監督に就任したのが、マリオ・シウバだ。同監督は、2018-19シーズンにポルトU-19を率いてUEFAユースリーグを優勝、クラブに同初タイトルをもたらした育成のスペシャリストとして知られている。同大会でプレーしたファビオ・シウバら7選手は、昨季ポルトのトップチームで多くがレギュラー格として躍動し、リーグタイトル奪還に貢献した。

リオ・アベから世界的スターに登り詰めた最高傑作は、元ポルトガル代表SBファビオ・コエントランだろう。育成組織出身のコエントランは、リオ・アベでの活躍が認められてベンフィカへとステップアップ。その後、銀河系軍団レアル・マドリードの一員となったことは周知の通りである。昨季も、37試合21ゴールと得点を量産してリーグのベストイレブンにも選出されたイラン代表FWメフディ・タレミが、今季からポルトへ移籍することが決定したばかりだ。

リオ・アベでは、食野のようにレンタルで獲得した選手をうまく登用・育成して、そのキャリアに花を咲かせる前例も多い。例えば、フランクフルト所属のゴンサロ・パシエンシアや、フィオレンティーナやモナコなどでプレーしたジウ・ディアスらも、これら欧州の強豪クラブへ移籍する以前はリオ・アベでプレーしていた過去を持つ。

今季も例年のように、マリオ・シウバのような欧州を代表する指揮官となり得るポテンシャルを持つ優秀な監督のもと、リオ・アベからビッグクラブへ巣立つ優秀な選手が現れることだろう。それが食野亮太郎であれば、日本人としてはこの上なく誇らしい。

U-21ポルトガル代表が「暫定」25名を発表!レナトら招集の最強メンバーで念願のEURO2017優勝へ!

U-21ポルトガル代表ルイ・ジョルジが、EURO2017に向けた「暫定」代表メンバー25名を発表した。

最大のサプライズとなったのは、EURO2016にフル代表の一角として出場し、史上最年少で優勝メンバーとなったレナト・サンチェス(バイエルン)の招集。同日発表されたコンフェデレーションズカップに臨むフル代表から同じく漏れたジョアン・カンセーロ(バレンシア)とともに、1つ下のレベルでプレーすることとなった。

彼らフル代表を経験したメンバーのリスト入りは、念願の優勝を狙うU-21代表にとっては願ってもいなかった幸運だ。前回のEURO2015では、同日コンフェデ杯メンバーに選ばれた前回大会MVPウィリアン・カルバーリョ(スポルティング)やベストイレブンのベルナルド・シウバ(モナコ)、ラファエル・ゲヘイロ(ドルトムント)らを擁しながら、惜しくも準優勝に終わっていた。

今回は、前述のレナト・サンチェスやジョアン・カンセーロに加え、フル代表経験のあるゴンサロ・グエデス(パリ・サンジェルマン)やルーベン・ネーベス(ポルト)、リオ・オリンピック10番ブルーノ・フェルナンデス(サンプドリア)や同大会のチーム得点王ゴンサロ・パシエンシア(リオ・アベ)らもメンバー入り。他にも、ジョゼ・モウリーニョが期待を寄せてるGKジョエル・ペレイラ(マンチェスター・ユナイテッド)に、今季の国内リーグでますます株を上げたスポルティングCBルーベン・セメード、ポルトFWディオゴ・ジョッタ、ブラガFWリカルド・オルタら、数えればキリがないほど、注目の若手選手が出揃った。まさに史上最強メンバーと言っても過言ではない、死角のない布陣となった。

グループBに所属するU-21ポルトガル代表は、6月17日に初戦のセルビア戦を戦い、20日には最大のライバルであるスペイン、そして23日にはマケドニアと対戦する。なお、大会規定のメンバーは23名であるため、この25人の中から2人が、6日に招集外となり、選ばれし23名で念願のEURO制覇へ挑むこととなる。

以下、U-21ポルトガル代表暫定メンバー25名
(☆は筆者の独断と偏見による注目選手。五輪マークはリオ・オリンピックメンバー)

GK
ミゲウ・シウバ(ビトーリア・ギマラインス)
ブルーノ・バレーラ(ビトーリア・セトゥバル)☆五輪
ジョエル・ペレイラ(マンチェスター・ユナイテッド)☆五輪

DF
ペドロ・ヘボッショ(モレイレンセ)
ルーベン・セメード(スポルティング)☆☆
フェルナンド・フォンセッカ(ポルト)☆五輪
トビアス・フィゲイレード(ナシオナル)☆五輪
エドガル・イエー(ベレネンセス)☆五輪
ケビン・ロドリゲス(レアル・ソシエダ)
ジョアン・カンセーロ(バレンシア)☆☆☆

MF
ルーベン・ネーベス(ポルト)☆☆☆
フランシスコ・ラモス(ポルト)五輪
トーマス・ポドスタウスキー(ポルト)☆五輪
ジョアン・カルバーリョ(ビトーリア・セトゥバル)
フランシスコ・ジェラウデス(スポルティング)
ロニー・ロペス(リール)☆
ブルーノ・フェルナンデス(サンプドリア)☆☆☆五輪
レナト・サンチェス(バイエルン)☆☆☆

FW
ディオゴ・ジョッタ(ポルト)☆☆☆
ダニエル・ポデンセ(スポルティング)
リカルド・オルタ(ブラガ)☆☆
イウリ・メデイロス(ボアビスタ)☆
ゴンサロ・パシエンシア(リオ・アベ)☆☆五輪
ブルマ(ガラタサライ)☆
ゴンサロ・グエデス(パリ・サンジェルマン)☆☆☆

©FutePor -ふとぽる-

リオ五輪ポルトガル代表のエースが、ブラジルW杯ポルトガル代表監督のもとへ?

『zerozero.pt』

所属するポルトでヌーノ・エスピリト・サント監督の構想には入らないとされるU-21ポルトガル代表FWゴンサロ・パシエンシアに、ギリシア王者オリンピアコスへの移籍の噂が生じている。

『zerozero.pt』によると、すでにポルトとオリンピアコスは基本的合意に到達。1年間のレンタル移籍が有力となっているようだ。

リオ・ オリンピックでは、ポルトガル代表の9番としてグループステージ3戦全試合でゴールを決めたゴンサロ・パシエンシアは、ポルトとの契約を2019年6月まで保持。昨季は2部に降格したアカデミカに貸し出されていた。

オリンピアコスは近年ポルトガル人と親密な関係にあるクラブだ。これまでレオナルド・ジャルディン現モナコ監督やビトール・ペレイラ元フェネルバフチェ監督などが率い、昨季はマルコ・シウバ監督が歴史的なシーズンを送っていた。今季より、ブラジルW杯ポルトガル代表監督パウロ・ベントが指揮官に就任しており、もし移籍が実現すればパシエンシアが重宝される可能性は高い。

©FutePor -ふとぽる-

リオ五輪3戦全ゴールで注目を浴びるゴンサロ・パシエンシアにウディネーゼが関心

『O JOGO』

ポルトガル代表のエースNo.9としてリオ五輪に臨むFWゴンサロ・パシエンシアに、セリエAのウディネーゼが興味を寄せている。

パシエンシアは、リオ五輪グループステージの全試合でゴールを決め、世界中のスカウトの関心を集める注目選手となった。『Tuttomercato』によると、ウディネーゼ監督が同選手の獲得に興味を寄せ、名前は明かされていないが、他のセリエAチームも関心を抱いているという。『O JOGO』によると、両クラブは近日中に正式オファーを提示すると推測されている。

パシエンシアは現在ポルトガル2部アカデミカにレンタル移籍中であるが、交渉の場には所属元のポルトがつく。

なお、ウディネーゼには現在、リオ五輪代表のチームメイトで10番を背負うブルーノ・フェルナンデスがプレーしているが、同選手は今季サンプドリアへレンタルされると噂されている。

©FutePor -ふとぽる-

アルジェリアとドローのポルトガルが、リオ五輪GS首位通過!決勝T1戦目はドイツと対戦

『zerozero.pt』

リオ五輪ポルトガル代表が、リオ五輪グループステージ(GS)最終節でアルジェリアと対戦。1-1の引き分けで1位通過を決定させた。

アルゼンチンとホンジュラスに勝利し、すでに決定トーナメント(決勝T)進出を決めていたポルトガル。この日はスタメンを6名入れ替えて臨んだ。(下記☆マーク)

GK
ブルーノ・バレーラ
DF
リカルド・エスガイオ
ティアゴ・イロリ☆
エドガルド・イエー
パウロ・エンリケ☆
MF
トマス・ポドスタウスキー
ピテー☆
ティアゴ・シウバ☆
フランシスコ・ラモス☆
FW
カルロス・マネー☆
ゴンサロ・パシエンシア

ポルトガルは25分、エースのゴンサロ・パシエンシアがPKを沈め先制。同選手はこれで代表7戦連発・リオ五輪3戦連発となり、グループステージの全試合でゴールを決めた。

しかし、直後30分に同点を許し、そのまま試合終了。勝ち点を7に積み上げ、グループD首位通過を決定させた。

なお、ポルトガルの対戦相手グループCの2位はドイツに決定。13日(土)現地時間13時にキックオフする。

©FutePor -ふとぽる-