タグ別アーカイブ: ニコラス・オタメンディ

オタメンディのマンC移籍が決定!ポルト時代のチームメイト2人との再会を監督も喜ぶ

『A BOLA』

木曜日、マンチェスター・シティがバレンシアに所属するアルゼンチン代表CBニコラス・オタメンディと、2020年までの5年契約を結んだことを正式に発表した。

マンチェスター・ダービーが繰り広げられた今夏最大の移籍交渉がようやく終わりを迎えた。当初はユナイテッド移籍が濃厚と見られていたが、最後にはライバル、シティが合意に漕ぎ着けた。イングランドを代表するビッグクラブへの移籍に際し、オタメンディは意気込みを露わにした。

「最善を尽くして戦い、シティがなるべく上に行けるよう力になるためにここに来た。タイトルを獲得したい。それこそが、このクラブで成し遂げたい夢だ」

監督のマヌエル・ペジェグリーニにも、強靭なフィジカルを誇るセンターバックの入団を歓迎した。

「オタメンディは、昨季のリーガ・エスパニョーラで最高のディフェンダーだった。だから、彼のようなクオリティを持つ選手を迎えることができて我々は嬉しく思う。世界でも有数な代表チームの選手であり、チームへ適応できる確かな精神状態を持てることを疑っていない。マンガラやフェルナンドといったポルトガルで共にプレーした顔見知りがいるからだ」

ポルト時代にはマンガラとセンターバックのコンビを組み、アンカーのフェルナンドとチームを後方から支えたオタメンディ。新チームでは、かつてのチームメイトとレギュラー争いを繰り広げることになる。

©FutePor -ふとぽる-

バレンシアのオタメンディを巡りマンチェスター・ダービーが勃発。推定移籍金は約5000万ユーロにまで高騰

『A BOLA』

イングランドメディアが、バレンシア所属ニコラス・オタメンディの、この移籍市場での退団を予想している。アルゼンチン人CBの行き先としてはこれまで何度も報じられた通り、マンチェスター・ユナイテッドが有力である。

しかし、同じ街のライバル、マンチェスター・シティも元ポルトCBに興味を抱き始めたようだ。『Daily Mirror』によると、現在クラブが最優先しているウォルフスブルクのケビン・デ・ブルイネとの交渉が終わり次第、オタメンディとの交渉に向かうと報じられている。

この移籍交渉の鍵は、所属先のバレンシアが握っている。昨季クラブの中心選手として活躍したオタメンディをチームに残したい意向であり、交渉相手に多額の移籍金を求める可能性が高い。報道によれば、その額は実に3500万ポンド、すなわち4900万ユーロにまで上るという。

©FutePor -ふとぽる-