タグ別アーカイブ: ベジクタシュ

ジャクソン・マルティネスが欧州復帰間近か。実現すればポルト時代の同僚と再会へ

『O JOGO』

広州恒大に所属する元コロンビア代表FWジャクソン・マルティネスに欧州復帰が間近との噂が生じている。スペイン版Goalが報じた。

中国リーグに満足していないというジャクソンの新天地としてあげられているのは、トルコのベジクタシュ。もし移籍が実現すれば、ポルト時代の盟友リカルド・クアレスマや、自身の後継者としてポルトへ加入したバンサン・アブバカル、元ベンフィカのタリスカなど、ポルトガルリーグでのプレー経験のある多くの選手とチームメイトとなる。

かつてはポルトで3年連続ポルトガルリーグ得点王に輝いたジャクソン。アトレティコ・マドリードへの移籍を機にそのキャリアが不安定となったが、新天地を見つけ当時のプレーを取り戻せるだろうか。

©FutePor -ふとぽる-

クアレスマにフランスリーグ行きの噂。実現すればポルトガル代表の同僚とチームメイトに

『zerozero.pt』

ベジクタシュに所属するポルトガル代表FWリカルド・クアレスマに、フランスリーグ行きの噂が浮上。トルコメディアが報じた。

クアレスマを狙うクラブとは、現在リーグで16位と下位に低迷するリール。冬の移籍市場での獲得を目指しているという。なお、リールにはポルトガル代表のチームメイトで、EURO2016決勝で母国を優勝に導く決勝点を決めたエデルが所属している。

ベジクタシュはCLでも活躍するチームのエースに1000万ユーロの移籍金を設定している。ポルトガルきってのベテランドリブラーの未来やいかに。

©FutePor -ふとぽる-

ベンフィカに「復讐弾」のタリスカ、古巣の無礼を強烈に皮肉「正しい行いをすればいい事は起こる」

『A BOLA』

CLグループステージ第1節、ベンフィカ対ベジクタシュの試合がベンフィカのホーム、ルス・スタジアムで開催。ベンフィカはフランコ・セルビのCLデビュー弾で先制するも、後半ロスタイムに今季よりベジクタシュにレンタルで放出したタリスカにFKを沈められ、ホームで手痛いドローを演じた。

この日、古巣を見返す同点弾を決めたタリスカには、ベンフィカサポーターから「金のために退団した」と非難の合唱が寄せられたが、同選手はクラブの姿勢を強烈に批判。クラブからの無礼な態度を暴露し、上層部へ強烈な皮肉を浴びせた。

「(同点弾は)復讐ではない。誇らしい気分そのものだった。クラブの人間の多くが、僕が金のために退団したと歌っていたが、全くもって嘘だよ。バカンスの前にすでにチームに残れないことは知っていた。なぜか?そんなことは知らない。僕だって知りたいさ」

「ベンフィカは僕に対してとても無礼だった。娘がまだ生後6日だというときに、クラブは僕を除いた全選手に給料を払っていた。会長、副会長に伝言を残しておく。『正しい行いをすれば、いい事は起こる』」

最後の皮肉は、まさにタリスカに対して正当な態度を示さなかったからこそ、勝ち試合を落としたのだと言わんばかりだ。ベンフィカは、丁重に扱わなかった自クラブの選手相手に思わぬところで痛い目に遭うこととなった。

©FutePor -ふとぽる-

ポルトの9番を剥奪されたアブバカル、元同僚所属ベジクタシュへの移籍が決定!

『O JOGO』

トルコのベジクタシュが、ポルトからカメルーン代表FWバンサン・アブバカルを、1年の期限付き移籍で獲得したことを正式に発表した。

アブバカルは、今季ポルトのエースとして期待されながらも、プレシーズンから結果を残せず、シーズン開幕前には背番号が9番から26番に変更されていた。それから移籍の噂は熱を帯び、中国行きも報道された中で、急遽トルコクラブへの加入が決定。買取オプション付きのレンタル移籍となった。

ベジクタシュにはポルトでともにプレーしたリカルド・クアレスマが所属。また、今夏はベンフィカからタリスカもレンタルで獲得している。

©FutePor -ふとぽる-

トルコの3強が元ポルト10番キンテロ争奪戦へ

『A BOLA』

これまで、セリエAのボローニャやサンプドリア、キエーボなどイタリア方面からの関心が強かったポルトの元10番キンテロ。先日、フェネルバフチェのポルトガル人新監督ビトール・ペレイラが獲得を狙っているとの報道があったが、ここに来てキンテロに対するトルコ方面からの関心が加速している。

フェネルバフチェ以外にも新たにキンテロ獲得に興味を抱いているのは、ポルトのチームメイト、リカルド・クアレスマが復帰したベジクタシュとガラタサライだ。両クラブともにコロンビア代表選手をレンタルで獲得したい意向だという。

かつてペスカーラでプレーし慣れ親しんだイタリアの中位クラブか、それとも積極補強を進める新天地の上位クラブか。ポルトで構想外となった才能溢れる若手キンテロの選択に注目が集まる。

©FutePor -ふとぽる-