タグ別アーカイブ: ポルトガルのポルトガル語

形容詞

 

fp-learning

ポルトガル語の形容詞で重要となる原則は2点。すなわち、

  • 名詞の性/単複に合わせて変形する
  • 基本的には名詞を後ろから修飾する

以下、それぞれ詳しく見ていきましょう。

【名詞の性/単複に合わせた変形】

ポルトガル語の形容詞最大の特徴は、前回学習した冠詞と同様、名詞に合わせて変形するという点です。前回学習した例、すなわち「golo(ゴール)」という男性名詞と「bola(ボール)」という女性名詞に、形容詞「branco(白い)」を加えてみましょう。

形容詞の変形

男性名詞 女性名詞
単数形 golo branco bola branca
複数形 golos brancos bolas brancas

繰り返しにはなりますが、修飾する名詞の「男性/女性」および「単数/複数」に合わせて、語尾が-o/-a/-os/-asと変形しているのが分かります。

ただし、やはり例外の多い言語であるポルトガル語。注意すべき例外事項が2点あります。

1点目は、男女同型または男女単複すべて同型の形容詞が存在するという点です。例えば、「grande(大きい)」という形容詞は、「o homen grande(大きい男性)」「a mulher grande(大きい女性)」のように男女同型です。また、「simples(簡単な)」は、-sで終わるため名詞の複数形に合わせて変形したものと混同されがちですが、男女/単複すべて同型(simples)の形容詞です。特に男女同型の形容詞はいくつか存在するので、出会った都度覚えていくと良いでしょう。

2点目は、不規則な変化をする形容詞が存在するという点です。「良い」を意味する「bom」と「悪い」を意味する「mau」の2つの形容詞は、下表のように変形を暗記する必要があります。

形容詞「bom」不規則変形

男性名詞 女性名詞
単数形 bom boa
複数形 bons boas


形容詞「mau」の不規則変形

男性名詞 女性名詞
単数形 mau
複数形 maus más

「mau」の女性複数形「más」は、「しかし」を意味する「mas」と混同されがちなので注意してください。

【名詞を後ろから修飾】

続いて2つ目の原則ですが、英語と違いポルトガル語の形容詞は、名詞を後ろから修飾することが多いです。「ことが多い」と書いたのは、ここにも例外があるためですが、基本的には「名詞+形容詞」という語順であるとご認識いただいて構いません。例えば、サッカーのイエローカードとレッドカードはそれぞれ「o cartão amarelo」「o cartão vermelho」といいます。「o cartão(カード)」という男性名詞を「amarelo(黄色い)」「vermelho(赤い)」という形容詞が後ろから修飾していることが分かります。

さて、ここでも例外が登場します。以下3単語については、名詞の前からも修飾でき、さらに名詞の前につくか後ろにつくかで意味が異なるため注意が必要です。

  • 形容詞novo

o treinador novo若い監督)⇔ o novo treinador(新しい監督)

特に、o novo treinador という、形容詞が名詞を前から修飾する形は、あるクラブの監督が解任され新監督が就任した際のニュースで頻出します。

  • 形容詞grande

o homen grande大きな男)⇔ o grande homen(偉大な男)

こちらも、um grande jogadorで「偉大な選手」と、名詞を前から修飾する形がサッカーメディアではよく見られます。

  • 形容詞pobre

a mulher pobre貧乏な女性)⇔ a pobre mulher(不幸な/かわいそうな女性)

以上のように、ポルトガル語の形容詞で頭に入れるべきことは「名詞に合わせて変形し、名詞を後ろから修飾することが多い」という原則です。加えて、今回紹介したような例外事項を少しずつ覚えていくと良いでしょう。

<参考文献>

『しっかり学ぶポルトガル語』著:カレイラ松崎順子(ペレ出版、2003)

【FP例文】

<FP例文>

Pobre John O’Shea, foi gozado por todos depois de ter sido destruído por Ronaldo.

「かわいそうなジョン・オシェイは、ロナウドにコテンパンにされたあと、みんなにからかわれていたんだ」-ギャリー・ネビル(『O JOGO』2016/11/09)

→クリスティアーノ・ロナウドが、スポルティング時代にマンチェスター・ユナイテッドとの練習試合で大活躍し、その後ファーガソンに引き抜かれた当時を、ギャリー・ネビルが振り返り語ったコメント。ポルトガルメディアが英語から翻訳。

<解説>

  • Pobre John O’Shea→前述の、名詞の前につくか後ろにつくかで意味が異なる形容詞「pobre」。名詞の前につくと「かわいそうな」の意。
  • foi gozado por~→過去受動態。「~にからかわれる」の意。(受動態は、後日詳細にご紹介します)
  • ter sido destruído por~→完了形+受動態の複雑な形。直訳すると「~に壊される」から「~コテンパンにされる」と意訳。「コテンパンにされた」のは「からかわれた」よりも過去の出来事であるため、大過去を表す完了形が用いられている。(完了形についても、後日詳細にご紹介します)

<重要単語>

  • por→この例文に2度登場していますが、どれも英語の「by」、すなわち受動態とセットで「~によって」の意味。
  • todos→「みんな」
  • depois de→「~のあとに」
  • gozar→「からかう」。Estás a gozar comigo?で「からかっているのかい?」は頻出。
  • destruir→「破壊する、壊す」

<その他の文法事項を学ぶ>

FP-Learning

<推薦図書>

→残念ながらポルトガルのポルトガル語に関する日常会話集は日本にはありません。こちらは英語の本ですが、CDをiPhoneに取り込めば通勤・通学中にポルトガル・ポルトガル語の日常会話を繰り返し覚えられます。

→一般的な文法書とは違い、文庫本のようにすらすらとポルトガルのポルトガル語の基礎文法を学べます。机に向かう暇がなく、電車や布団の中で肩を張らずに学びたい方向け。

 

冠詞

fp-learning_%e5%86%a0%e8%a9%9e

冠詞とは、英語でいう「a」や「the」のことであり、名詞の前に付く、単語とは言えないある種の「文字」です。

冠詞には3種類あります。すなわち、「不定冠詞」「定冠詞」「無定冠詞」。それぞれの使い分け方法という論点は英語と共通していますが、特にポルトガル語の冠詞を把握する上で最重要となるのは以下2点です。

  • 付属する名詞の「性」「単数/複数」によって、不定冠詞/定冠詞ともに変形する
  • 不定冠詞/定冠詞は、前置詞と合体する

この2点に着目しながら、冠詞を学んでいきましょう。

【冠詞の変形と用法】

まずは、3種類の冠詞に関する変形と用法です。なお、無定冠詞とは、冠詞とは言え「冠詞を使用しない」例外的な形であるため、覚えるべき冠詞の変形は、不定冠詞と定冠詞の2つのみとなります。

不定冠詞の変形と用法

変形:
不定冠詞とは、英語でいう「a」「an」。ポルトガル語では「um」「uma」「uns」「umas」の4種類が存在します。英語では「母音の前に付くaがanになる」程度の変形だけですが、前述の通り、ポルトガル語では、名詞の性/単複に合わせて変形します。「golo(ゴール)」という男性名詞と「bola(ボール)」という女性名詞を例に、下表を見てみましょう。

不定冠詞の変形

男性名詞 女性名詞
単数形 um golo uma bola
複数形 uns golos umas bolas

不定冠詞umを基本に、aを付け女性形にしてuma、sを付け複数形にしてuns/umasのように、名詞の変形と酷似していることが分かります。(unsの場合、umにsを付けるとumsになりそうですが、前回の「名詞の単数/複数形の原則5」のように、「mで終わるものはmをnに変えてs」を付けます)

用法:
不定冠詞は、会話の中で初めて登場する名詞、すなわち話し手の頭の中だけで特定されていて、聞き手にとっては不特定な名詞に付きます。例えば、

Eu vi um jogador na rua ontem.「昨日通りでサッカー選手を見た」
Quem?「誰?」

Aさんの頭の中では、このサッカー選手を特定できていますが、Bさんにはできていません。そのため、この文脈では不定冠詞を使用します。

定冠詞の変形と用法

変形:
定冠詞とは、英語でいう「the」。ポルトガル語では「o」「a」「os」「as」の4種類が存在します。こちらも名詞の性/単複に合わせて変形します。同じく、「golo(ゴール)」という男性名詞と「bola(ボール)」という女性名詞を例に、下表を暗記しましょう。

定冠詞の変形

男性名詞 女性名詞
単数形 o golo a bola
複数形 os golos as bolas

こちらも、定冠詞oを基本に、女性形にしてa、sを付け複数形にしてos/asのように、名詞の変形と同様の変化をします。

用法:
定冠詞は、会話の中で2度目に登場した名詞等、話し手と聞き手双方の頭の中で特定されている名詞に付きます。例えば、

Cristiano Ronaldo, o internacional português, marcou quatro golos.
「ポルトガル代表のクリスティアーノ・ロナウドが4ゴールを決めた」

新聞に出てきそうな文章ですが、こちらはメディアという「話し手」と、読者という「聞き手」の中で「クリスティアーノ・ロナウドというポルトガル代表選手」が双方で特定されているため、定冠詞を使用します。

無定冠詞の用法

用法:
本来名詞には冠詞が付きますが、無定冠詞は、例外的に冠詞が付かずに名詞だけが文章に残るケースです。「~というものは」という一般論を話すときの名詞や、目的語として使用されている国籍や職業、言語等を表す名詞には冠詞が付きません。ちなみに、o Japão(日本)のように定冠詞が付く国名がある中、  Portugal(ポルトガル)のように冠詞が付かない国名もあります。こちらも出会った都度覚えていくといいでしょう。

Eu sou   jogador de futebol.「私はサッカー選手です」(職業を表す目的語)
Falo   português.「ポルトガル語を話します」(言語を表す目的語)

【前置詞との合体】

ポルトガル語の冠詞について、不定冠詞/定冠詞の変形と同じく重要となるポイントが「前置詞との合体」です。冠詞が特定の前置詞の後ろに来た場合、両者が合体して全く異なる形になります。メディア等文章でも頻出のため、暗記しておかないと読解に苦労することになります。

冠詞と合体する前置詞の代表例は、a(英語でいうto)やde(英語でいうof/from)、em(英語でいうin/on/at)やpor(英語でいうby)。sobre(英語でいうabout)やcom(英語でいうwith)等は冠詞とは合体しません。ぜひ下表を覚えてみてください。
(※「英語でいう~」は、代表的な英語の類似単語を挙げております。ポルトガル語と英語の前置詞は意味が異なるため、両者は完全に一致するものではありません。大体のイメージを掴んでいただくために記載しております)

不定冠詞 定冠詞
um uma uns umas o a os as
a ao à aos às
de dum duma duns dumas do da dos das
em num numa nuns numas no na nos nas
por pelo pela pelos pelas

特に、「定冠詞」と前置詞の合体は頻出ですので、確実に覚えましょう!

【FP例文】

最後に、今回から各ページの最後に「FP例文」というコーナーを開始します。「FP例文」では、ポルトガルのサッカーメディアで実際に使用された文章を引用し、各単元で学んだ知識を生きたポルトガル語の中で活用していただくことを目的としています。ぜひFP-Learningで学んだ知識を活用し、ポルトガル語が「読めるようになった」感覚を味わってみてください。
<FP例文>

William Carvalho foi um dos jogadores que se valorizaram no Campeonato da Europa de França.

「ウィリアン・カルバーリョは、フランスで行われた欧州選手権で価値を高めた選手のうちの一人である」-『SAPO Desporto』2016/09/14

<解説>
①不定冠詞
・um→以下<重要単語>参照

②定冠詞
・dos jogadores→前置詞de+定冠詞os=dos。umと同じく以下<重要単語>参照
・no Campeonato→前置詞em+定冠詞o=no
・da Europa→前置詞de+定冠詞a=da
大会を表すcampeonatoやヨーロッパを意味するEuropaは、メディアの書き手・聞き手が「欧州選手権」「ヨーロッパ」として特定している名詞のため、定冠詞を使用

③無定冠詞
・William Carvalho→人名は基本的に無定冠詞。親しい間柄や呼びかけの際には冠詞を付ける場合あり
・França→冠詞のつかない国名

<重要単語>
・um dos 名詞複数形 que~「~なうちの一人」(不定冠詞umを名詞的に使って英語でいうone of the~を表す頻出表現)
・o Campeonato da Europa「欧州選手権、EURO」
・França「フランス」
・que「英語で言うthat」

<その他の文法事項を学ぶ>

FP-Learning

<推薦図書>

→日本で唯一といっても過言ではない「ポルトガルのポルトガル語」を扱う基礎文法書。付属のCDを使って、ポルトガル語最大の山場である単語の活用やポルトガルのポルトガル語特有の発音を耳で覚えられます。

→一般的な文法書とは違い、文庫本のようにすらすらとポルトガルのポルトガル語の基礎文法を学べます。机に向かう暇がなく、電車や布団の中で肩を張らずに学びたい方向け。

名詞

英語と違いポルトガル語の名詞は「男性名詞」と「女性名詞」の2種類に分類されます(ちなみに、この「男性」「女性」とは性別を示す訳ではなく、「対となる概念」を象徴する言葉として使用されています)。一方で性とは反対に、ポルトガル語の名詞は英語と同じく「単数/複数」に分類されます。

そのため、名詞を見るときの着眼点は以下2点が重要となります。

①男性形か女性形か
②単数形か複数形か

そして、この名詞の性と単複を判断する上での大原則は以下の通りです。

男性名詞:-oで終わる単語
女性名詞:-aで終わる単語
名詞の複数形:-sで終わる単語

ただし、この大原則に当てはまらない細やかなルールがあります。
大原則を頭に入れながら、以下名詞に関するルールを見ていきましょう。

男性形と女性形

原則1
「-oで終わる名詞は男性形、-aで終わる名詞は女性形」
例:
男性名詞:o jogo (試合)、o campo (ピッチ)
女性名詞:a bola (ボール)、a linha (ライン)
(※名詞の前に記載している「o」と「a」は、英語で言う「the」に該当する冠詞です。ポルトガル語は冠詞も男性形/女性形、単数/複数によって変化します。冠詞については次回紹介します)

原則2
「-ãoで終わる名詞は、具体的なら男性形、抽象的なら女性形が多い」
例:
男性名詞:o dragão (龍)、o leão (ライオン)
女性名詞:a opinião (意見)、a opção (選択肢)

原則3
「-emaで終わる名詞は-aで終わりながら男性形が多い」
例: o problema (問題)、o sistema (システム)

原則4
「-dade/-ez/-gem/-tudeで終わる名詞は女性形が多い」
例:
a qualidade (クオリティ)、a nacionalidade (国籍)、a velocidade/a rapidez (速さ)、a arbitragem (判定)、a atitude (態度)

原則5
「名詞に生物学的性がある場合、名詞の性も生物学的性に一致させる」
例:
o filho (息子)/a filha (娘)
o professor (男性教授)/a professora (女性教授)
o português (ポルトガル人男性)/a portuguesa (ポルトガル人女性)
(※上記のように、男性名詞の語尾-oを-aに変える、また、-rと-êsで終わる男性名詞は語尾に-aを加えると大抵の場合は女性名詞になります)

原則6
「男女同形の名詞の性は冠詞で判別する」
例:
o jornalista (男性記者)/a jornalista (女性記者)
o futebolista (男性サッカー選手)/a futebolista (女性サッカー選手)
(※-istaで終わる名詞は男女同形のものが多い)

単数形と複数形

単数形を複数形に変える際には、基本的に下記の原則に従います。大原則は、前述の通り語尾に-sを付けることです。

原則1
「語尾に-sを付ける」
例: os jogos、as linhas
(※こちらも次回詳述しますが、名詞を複数形にして-sを付けた場合、冠詞にも-sが付きます)

原則2
「-ãoで終わる名詞は、以下3パターンの複数形がある」
1.-ãoにそのままsを付ける
例: o irmão → os irmãos (兄弟、兄妹)
2.-ãosを-õesに変える
例: o dragão → os dragões (ポルトの愛称)、o leão → os leões  (スポルティングの愛称)
3.-ãoを-ãesに変える
例: o alemão → os alemães (ドイツ人男性)
(ドイツ人女性は a alemã/as alemãsのようにパターンAに従う)

原則3
「-r/-zで終わる名詞は語尾に-esを付ける」
例: os professores、os rapazes (青年)

原則4
「-sで終わる名詞は-esを付けることが多い」
例:
o país (国) → os países
o japonês (日本人) → os japoneses
(※前回ご紹介した後ろから2番目の音節にアクセントを付けるというポルトガル語の発音原則により、japonêsの「ê」につくアクセントは取れ「os japo‘ne’ses」と強調します)
(※ o lápis (鉛筆) → os lápis のように例外あり)

原則5
「-mで終わる名詞は-mを-nsに変える」
例: o homen (男性) → os homens

原則6
「-lで終わる名詞は-lを-isに変えることが多い」
例: o espanhol (スペイン人男性) → os espanhóis
(※こちらも前述の発音原則により、「o」にアクセントが付く)

もちろん、前回述べたようにポルトガル語は例外の多い言葉であり、これら原則から外れる名詞もあります。例えば、-ãoで終わる具体的な名詞は男性形と記載しましたが、「手」は「a mão」と女性形です。例外は見つけた都度覚えていくといいでしょう。

<参考文献>
『しっかり学ぶポルトガル語』著:カレイラ松崎順子(ペレ出版、2003)

<その他の文法事項を学ぶ>

FP-Learning

<推薦図書>

→一般的な文法書とは違い、文庫本のようにすらすらとポルトガルのポルトガル語の基礎文法を学べます。机に向かう暇がなく、電車や布団の中で肩を張らずに学びたい方向け。

→本に書かれた単語を指さして、旅行中に現地人と意思疎通を図るのが本書の最大の目的ですが、日本には数少ないポルトガルのポルトガル語単語帳としてもかなり重宝できます。

発音

「はじめに」の2大原則でお伝えした通り、ポルトガル語は基本的にローマ字読みの発音です。しかし、ポルトガル語は例外の多い言語。単にローマ字読みでは発音できないケースが多々あります。以下に、ブラジルのポルトガル語とポルトガルのポルトガル語で異なる/共通する原則を掲載しますが、基礎中の基礎の紹介となりますので、発音に興味がある方は別途学習することをお勧めします。

ブラジル・ポルトガル語と異なる原則

原則1
ブラジル・ポルトガル語よりも口を閉じてローマ字読みをするイメージ。特に、アクセントのない母音は「ウ」に近い曖昧な発音
・Rio Ave
ブ)ヒオ・アーヴィ
ポ)ヒオ・アーブゥ
・fora de jogo (オフサイド)
ブ)フォーラ・ジ・ジョーゴ
ポ)フォーラ・ドゥ・ジョーゴ
・André Gomes
ブ)アンドレー・ゴーメス
ポ)アンドレー・ゴームシュ

原則2
語尾の「s」と「z」は「シュ」と発音
・André Villas Boas
ブ)アンドレー・ヴィラス・ボーアス
ポ)アンドレー・ヴィラシュ・ボーアシュ
・Fernando Santos
ブ)フェルナンド・サントス
ポ)フゥルナンド・サントゥシュ

原則3
「ti」は「ティ」、「di」は「ディ」と発音(ブラジルの場合はそれぞれ「チ」と「ヂ」)
・Cristiano Ronaldo
ブ)クリスチアーノ・ホナウド
ポ)クリスティアーノ・ホナウド
・Diogo Jota
ブ)ジーオゴ・ジョーッタ
ポ)ディーオゴ・ジョーッタ

ブラジル・ポルトガル語とも同じ原則

原則4
母音に挟まれた「s」は濁音化
・José Mourinho
ジョゼー・モゥリーニョ
・Jorge Jesus
ジョールジュ・ジェズシュ
・Paulo Sousa
パウロ・ソーウザ

原則5
語頭の「H」は発音しない
・Héctor Herrera
エークトル・エヘーラ

原則6
語尾の「l」は「ウ」の発音
・futebol
フトゥボウ
・professional
プロフェッシオナウ

原則7
子音の前の「l」も「ウ」の発音
・Marco Silva
マルコ・シウヴァ
・Bernardo Silva
ブルナルド・シウヴァ

原則8
語頭の「R」と語中の「rr」は喉に引っかかるハ行に近い発音(年配の方は巻き舌のラ行で発音することが多い)
・Rui Patrício
フイ・プァトリースィオ
・Rúben Néves
フーべン・ネービシュ
・Rafaël Guerreiro
ハーファエウ・ゲェヘイロ
うがいをするときように、喉の奥を鳴らすイメージでハ行を言うと近しい発音になります

原則9
「ç」は「サ」「ス」「ソ」の発音のみに存在
・Gonçalo Guedes
ゴンサロ・グェデシュ

原則10
「ch」はサ行で発音
・Renato Sanches
ヘナト・サンシェーシュ

原則11
語尾の「m」は「ン」の発音
・William Carvalho
ウィーリアン・クルバーリョ
・Leonardo Jardim
ルオナルド・ジャルディーン

原則12
「ã」「ão」「ãe」「õe」等は「鼻母音」といい、鼻から息を抜く発音
・Fábio Coentrão
ファービオ・コエントラォン
・João Moutinho
ジョアォン・モゥティーニョ
・Vitória Guimarães
ヴィトーリア・グィマラインシュ
なお、鼻母音の他に「á」「â」「í」「ú」「é」「ó」「ô」等アクセント記号存在します。ポルトガル語のアクセントは基本的に後ろから2番目の音節ですが、アクセント記号がある場合はそれに従い当該母音を強調します。(右上がりのアクセントは該当する母音を開いた口で、三角の帽子が付いたアクセントは閉じた口で発音するイメージ)

このように、ポルトガルのポルトガル語は「閉じた口で、曖昧なローマ字読み」を基本に、上記原則に従うことが美しい発音の一歩です。本「FP-Learning」では読解の基礎力向上を主要な目的としていますが、文字を追う際に心で呟きながら読むと、スピーキングやリスニングを習得する一助となるでしょう。

<その他の文法事項を学ぶ>

FP-Learning

<推薦図書>

→日本で唯一といっても過言ではない「ポルトガルのポルトガル語」を扱う基礎文法書。付属のCDを使って、ポルトガル語最大の山場である単語の活用やポルトガルのポルトガル語特有の発音を耳で覚えられます。

→残念ながらポルトガルのポルトガル語に関する日常会話集は日本にはありません。こちらは英語の本ですが、CDをiPhoneに取り込めば通勤・通学中にポルトガル・ポルトガル語の日常会話を繰り返し覚えられます。

はじめに~「FP-Learning」開設にあたって

新たに開設した「FP-Learning」その名も「エフピー・ラーニング」。

本ページは、“ポルトガルの”ポルトガル語について基本的な文法事項を紹介し、皆様が『A BOLA』や『O JOGO』など現地サッカーメディアを、辞書を使いながら読解できるよう、そのお力添えになることを目的としています。

ブラジルW杯やリオ・オリンピックの影響もあり、日本でもポルトガル語の参考書は徐々に増えてきました。しかし、そのどれもが“ブラジルの”ポルトガル語に関するものばかりであり、“ポルトガルの”ポルトガル語を題材としたものはほとんどありません。もちろんブラジルのポルトガル語を習得すればポルトガルのポルトガル語もある程度は理解できますが、やはり、単語や文法の用法に見逃せない違いがあります。私もポルトガルのポルトガル語を勉強する際には、ブラジルのポルトガル語の単語集を購入し、それをポルトガルのポルトガル語に全部書き換えてから使用するという骨の折れる作業をしていました。今でも大きな書店に行く際には、たびたび語学書コーナーを訪れ、“ポルトガルの”ポルトガル語を扱った発展的な参考書が出版されていないかと、ついつい探してしまいます。

日本ではなかなか学べない“ポルトガルの”ポルトガル語。本ページでは、その基礎の基礎をご紹介します。スピーキングやライティング等は、単語力や経験が大きくものを言う世界になりどうしても習得に時間がかかってしまいます。しかし、リーディング力だけは、基礎的な文法事項を習得しさえすれば、あとは辞書で分からない単語を引きながら、比較的早くにある程度内容を理解できるようになると思っています。

ポルトガル語の習得は、「ある山」を越えさえすれば、見えるが景色がまったく違ってきます。「FP-Learning」とともにその山を乗り越え、現地のサッカーメディアを目で・肌で感じられる世界を目指しましょう!そのために、以下2大原則をしっかりと頭に入れてから臨んでください。

  • ポルトガル語は「基本的には」ローマ字読みで対応できる!
    • 本ページは「基礎的な読解力」の習得を最大の目的としていますので、発音に関しては多くを扱いません。”ポルトガルの“ポルトガル語は「基本的にはローマ字読み、最後の”S”は”シュ”と発音」でなんとなく感覚は掴めます。もし発音の習得に興味があれば、別途学習していただければと思います
  • 読解は「動詞の活用」ですべてが決まる!
    • 先ほど述べた「ある山」がこの動詞の活用です。ポルトガル語には、「現在形」「完了過去形」「未完了過去形」「現在未来形」「過去未来形」「接続法」、そしてそれぞれの「規則変化」と「不規則変化」…と恐ろしいほど多くの動詞の活用が存在します。これらを覚え、「この動詞は○○形だ!」と分別できるようになれば、辞書を使いながらある程度読解は可能ですが、逆に分別できないと原形が分からず辞書で調べることもままならないという悲劇に見舞われてしまいます。

ぜひ上記2点を頭に入れながら、美しきポルトガル語の世界に一歩足を踏み入れてみましょう!

FP-Learning