タグ別アーカイブ: ラダメル・ファルカオ

今年最も価値を落とした選手「ワースト10」が選ばれる。ポルトの元英雄4名が不名誉に

『Transfermarket』が、2016年1月から現在まで、最も市場価値を落とした10選手を選出。かつてポルトで英雄の如く活躍した4選手が選ばれてしまった。

10位 シュバインシュタイガー
1800万ユーロ→500万ユーロ

9位 フッキ
3700万ユーロ→2200万ユーロ

8位 ミュラー
7500万ユーロ→6000万ユーロ

7位
セスク・ファブレガス
5000万ユーロ→3500万ユーロ

6位 アリエン・ロッベン
2800万ユーロ→1000万ユーロ

5位 ラダメル・ファルカオ
3500万ユーロ→1500万ユーロ

4位 ウェイン・ルーニー
4000万ユーロ→2000万ユーロ

3位 ジャクソン・マルティネス
3000万ユーロ→900万ユーロ

2位 マリオ・ゲッツェ
4500万ユーロ→2000万ユーロ

1位 ハメス・ロドリゲス
8000万ユーロ→5000万ユーロ

ワースト10に選ばれたのは、アンドレ・ビラス・ボアスに率いられ歴史的なリーグ無敗優勝とEL制覇を成し遂げた中心選手であるフッキ、ファルカオ、ハメスの3人衆、そして、彼ら3人が去ったあとにクラブを支え、3年連続リーグ得点王の偉業を成し遂げたジャクソン・マルティネスの計4名。ワースト3には2人が選ばれる不名誉となってしまった。

奇しくも、フッキとジャクソンは、ともに中国リーグへ移籍したことで自らの価値を大きく低下させた。レアル・マドリードで出場機会に恵まれないハメス・ロドリゲスなど、新天地選びに失敗したことが主な理由のひとつであろう。

©FutePor -ふとぽる-

ファルカオ、引退を考えていたことを明かす

『O JOGO』

モナコのコロンビア人FWラダメル・ファルカオが、自身のSNSで行われたフォロワーとの問答で、フットボールからの引退が頭によぎったことを明かした。ファルカオは、左ヒザの大怪我により、日本代表ともGSで戦い、エースとして期待されていたブラジルW杯からの辞退を余儀なくされた。

「キャリアで最悪の瞬間は、手術により2014年のW杯出場を強いられたあの怪我だ」

「手術のあとには困難が待ち受けていた。もう諦めてしまおうかとも考えてしまったよ。でも、神様が(フットボールを)続ける希望を与えてくれたんだ」

大怪我から復帰後は、チェルシーやマンチェスター・ユナイテッドで思うような活躍ができなかったが、現在はモナコで調子を取り戻したファルカオ。自身がキャリアのベストと語った2010-11シーズンのポルト時代のパフォーマンスを取り戻しつつある。

©FutePor -ふとぽる-

ドラガオン・スタジアムが13年目の誕生日!この地で唯一4得点を挙げた選手とは?

2016年11月16日、ポルトのホームスタジアム、ドラガオン・スタジアムが創設から13年目を迎えた。

EURO2004に合わせ、アンタス・スタジアムから建て替えが行われた現在のポルトのホームスタジアム。2003年以来、約1000万人がスタジアムを訪れ、648のゴールが生まれた。

この648ゴールのうち、1試合で4ゴールを挙げる「ポーカー」を達成したのは、実は13年の歴史の中で1人だけ。コロンビア代表FWラダメル・ファルカオがビジャレアル戦で挙げた4ゴールだ。

13年間で多くのドラマを生んだこのドラガオン・スタジアム。これからも歴史的なゴールがポルトの歴史を彩っていくだろう。

©FutePor -ふとぽる-

エース流出危機のレスター、ポルトの「新旧9番」を狙う

『A BOLA』

プレミア優勝の偉業を成し遂げたレスターが、エースであるジェイミー・バーディーの流出に備え、新たにFW3選手の獲得に興味を寄せている。

『Daily Mail』によると、レスターを率いるクラウディオ・ラニエリ監督が注目する3選手は、ポルトのアブバカル、チェルシーのラダメル・ファルカオ、ニューカッスルのドゥンビアであるようだ。特に、ポルトは望む金額が支払われるようであれば、アブバカルについて交渉の場につく用意はあるという。

ポルトの現9番アブバカルと、プレミアですっかり評判を落としたかつての9番ファルカオ。ポルトの新旧エースのいずれかが、レスターに加入することはあるのだろうか。

©FutePor -ふとぽる-

ファルカオがトルコへ?ポルト時代の恩師と再会なるか

『O JOGO』

トルコのフェネルバフチェが、モナコからチェルシーへレンタル中のコロンビア代表FWラダメル・ファルカオに関心を寄せている。

プレミアリーグへの移籍以来、本領を発揮できていないファルカオ。再起をかけてスペインやイタリアからの関心が伝えられる中、かつてポルトで師事したビトール・ペレイラ監督率いるフェネルバフチェが、冬の移籍市場での獲得を狙っている。

自らを良く知るビトール・ペレイラのもと、ファルカオは復活できるのだろうか。その選択に注目が集まる。

©FutePor -ふとぽる-