タグ別アーカイブ: 小久保玲央ブライアン

ベンフィカGK小久保玲央ブライアンが契約延長!GKコーチも高評価「チームのカリスマ」

ベンフィカのU-23チームを中心にプレーする日本人GK小久保玲央ブライアンが、ベンフィカと契約延長を果たしたことをクラブ公式サイトが発表した。なお、クラブは、契約期間など詳細な情報は公表しなかった。

契約更新にあたり、小久保はポルトガル語で公式サイトのインタビューに応答。「とても幸せです。ベンフィカとチームメイトに感謝したい」「ベンフィカではより長くプレーしたい。Aチームにたどり着けるよう努力を続ける」と、トップチーム昇格に向けて意気込みを語った。

同サイトには、ベンフィカBチームのGKコーチ、ゴンサロ・シモインス氏のコメントも掲載。同氏は、所属3年目を迎えてなお進化を続ける小久保への期待を語った。

「レオは、未だ母国とは異なる文化に適応している最中。よく適応してきているし、人間としても選手としても1歩ずつ成長している。言葉の壁はありながらも、ポルトガル語の習得についてもポジティブな成長を見せている。チームの中でもカリスマ的な選手であり、皆に愛されている。チームメイトと簡単に打ち解け、いつも彼らを助けている。GKというポジションに必要な特徴も備えている。スピードどアビリティは平均よりもずっと優れ、そのため、至近距離でもゴールを守ることができている。また、足元の技術も長所にしており、両足を使える。判断の質にも優れているね。彼自身の目標を叶え、彼の才能とポテンシャルを信じている方々の期待に応えられるよう、毎日学び、進化を遂げようという意思を持っているよ」

オブラクやエデルソン・モラエスら名GKを数多く輩出してきたベンフィカ。特に後者は、このBチームから急激な成長速度で成り上がった選手である。名門の下部チームの監督も認めるその才能を磨き、目標であるトップチームにたどり着けるか。

©FutePor -ふとぽる-