タグ別アーカイブ: CL

ポルトガル、2018-19季のUEFA大会への出場枠減少が決定。CLダイレクトインはリーグ王者のみに

『O JOGO』

ベンフィカとポルトがCLベスト16で敗れたポルトガル。ELでも全クラブが敗退し、2001-02以来15年ぶりにUEFA主催の大会において、ベスト8に1チームも入らない事態となった。そのため、フランスとロシア次ぐ、UEFAランキングの7位が決定し、2018-19シーズンにCL出場枠が減少することが確定した。

現在、ポルトガルリーグのクラブは、リーグで1位と2位のチームがダイレクトにCLへ出場し、リーグ3位のチームが予選3回戦およびプレーオフを経て同大会への出場権を獲得している。今季は、ベンフィカとスポルティングがダイレクトインを果たし、3位であったポルトが、ビジャレアルとの予選と、ローマとのプレーオフを制して、本大会へ出場していた。

しかし、2018-19シーズンからは、リーグ王者に輝いた1チームのみが、CLへの出場権を獲得することとなり、2位のチームは、予選3回戦およびプレーオフを勝ち抜かなければ、本戦に出場できなくなる。3位のチームはCLへの出場権をなくし、4位のチームとともにELの予選3回戦から出場。ポルトガルカップの勝者がELにダイレクトで進む形となる。

ビラス・ボアス率いるポルトが、ドミンゴス・パシエンシア率いるブラガと、EL決勝でポルトガル対決を果たしたのも今や昔、ポルトガルサッカーの影響力が、ヨーロッパで徐々に弱まりつつある。

©FutePor -ふとぽる-

レジェンド凱旋のレアル戦でスポルティングが観客動員数歴代新記録を樹立!

『SAPO Desporto』

CL第5節、スポルティングがホームのジョゼ・アウバラーデ・スタジアムで開催されたレアル・マドリード戦で、観客動員数の歴代新記録を樹立した。

この日、リスボンに集まった観客は50,046人。昨季のベンフィカ戦で記録していた49,382人を上回り、歴代最多の動員数となった。

惜しくも1-2でレアルに敗れたスポルティングだが、クラブのレジェンド、クリスティアーノ・ロナウドの凱旋、そして前回対戦時の善戦から、ヨーロッパNo.1クラブを相手に再び良いゲームをするだろうという期待感から、多くの注目を集めたのだろう。

©FutePor -ふとぽる-

クリスティアーノ、愛する古巣へ「一瞬の復帰」!お馴染み白ブリーフも披露

『O JOGO』

CLグループステージ第1節、ホームでスポルティング迎えたレアル・マドリードは、クリスティアーノ・ロナウドのFKもあり、2-1で逆転勝利を果たした。

古巣への敬意を払い、得点後には自身のゴール祝わなかったクリスティアーノだが、やはりスポルティングへの強い愛情はまだ失っていないようだ。「スポルティングは勝ち点を得て帰るのに値した」と驚異の粘りを讃えた古巣との試合後、ポルトガル代表のチームメイトも多く在籍するスポルティングのロッカールームへ立ち寄った。

アドリエン・シウバとウィリアン・カルバーリョの両代表選手と肩を組んだクリスティアーノ。その体にはスポルティングのユニフォームを纏っていた。もはや自身の代名詞となった白ブリーフをちらつかせながら、愛する古巣へ「一瞬の復帰」を果たした瞬間だった。

©FutePor -ふとぽる-

CLプレーオフ、スポルティングの対戦候補が決定。かつての指揮官ジャルディン率いるモナコの可能性も

『A BOLA』

水曜日にCL予選3回戦が終了し、プレーオフからの出場となるスポルティングの対戦相手候補が決定した。組み合わせ抽選会は金曜日、スイスのニヨンにて開催される。

CSKAモスクワ、ラツィオ、クラブ・ブリュージュ、モナコ、ラピッド・ウィーンらがスポルティングの対戦相手候補となった。スポルティングはシード権により、マンチェスター・ユナイテッド、バレンシア、レバークーゼン、そしてビトール・ペレイラ率いるフェネルバフチェを下したシャフタール・ドネツクなど強豪との対戦は避けられた。

ファーストレグは8月18-19日に、セカンドレグは翌週25-26日に予定されている。

2013-14シーズンにスポルティングを2位に押し上げCLに導いた、かつての指揮官レオナルド・ジャルディン率いるモナコとの対戦は実現するのだろうか。

©FutePor -ふとぽる-