タグ別アーカイブ: EL

ポルトガル、2018-19季のUEFA大会への出場枠減少が決定。CLダイレクトインはリーグ王者のみに

『O JOGO』

ベンフィカとポルトがCLベスト16で敗れたポルトガル。ELでも全クラブが敗退し、2001-02以来15年ぶりにUEFA主催の大会において、ベスト8に1チームも入らない事態となった。そのため、フランスとロシア次ぐ、UEFAランキングの7位が決定し、2018-19シーズンにCL出場枠が減少することが確定した。

現在、ポルトガルリーグのクラブは、リーグで1位と2位のチームがダイレクトにCLへ出場し、リーグ3位のチームが予選3回戦およびプレーオフを経て同大会への出場権を獲得している。今季は、ベンフィカとスポルティングがダイレクトインを果たし、3位であったポルトが、ビジャレアルとの予選と、ローマとのプレーオフを制して、本大会へ出場していた。

しかし、2018-19シーズンからは、リーグ王者に輝いた1チームのみが、CLへの出場権を獲得することとなり、2位のチームは、予選3回戦およびプレーオフを勝ち抜かなければ、本戦に出場できなくなる。3位のチームはCLへの出場権をなくし、4位のチームとともにELの予選3回戦から出場。ポルトガルカップの勝者がELにダイレクトで進む形となる。

ビラス・ボアス率いるポルトが、ドミンゴス・パシエンシア率いるブラガと、EL決勝でポルトガル対決を果たしたのも今や昔、ポルトガルサッカーの影響力が、ヨーロッパで徐々に弱まりつつある。

©FutePor -ふとぽる-

2003年の優勝以来13年振りのELへ。モウリーニョ「マンUのいないCLはCLではない」

『Público』

いよいよ開幕する16-17シーズンのEL。注目の出場クラブは、ジョゼ・モウリーニョ率いるマンチェスター・ユナイテッドだ。モウリーニョがELに出場するのは、2003年に前身のUEFAカップを優勝して以来、実に13年振り。ポルトを率いセルティック相手に勝利したこの決勝戦以降は、常にCLの舞台で戦ってきた。

現在のELの形になってからは初の参戦となる大会にあたり、モウリーニョはユナイテッドが同大会に相応しくないクラブとしながらも、戦う以上は勝ちを狙うことを明言した。

「マンチェスター・ユナイテッドのいないチャンピオンズリーグなどチャンピオンズリーグではない。同時にチャンピオンズリーグを戦わないマンチェスター・ユナイテッドなどマンチェスター・ユナイテッドではない。選手たちにとってヨーロッパリーグが大きな夢でないことは承知している。だがモチベーションを持たなくてはならない。対戦相手に敬意を払い、試合に勝たなくてはならない。この大会を勝ち抜きたい」

本望ではないものの、ELでの勝利を誓ったモウリーニョ。ポルトではこの大会を勝利した翌年にCLを制した縁起良い思い出がある。是非とも本大会を優勝し、来年のCLでも躍進したいところだ。

©FutePor -ふとぽる-

ブラガに不運。マルセイユの地で全選手のスパイクが盗まれる

『A BOLA』

ELのためマルセイユの地に降り立ったブラガ一行が、前代未聞の盗難事件に巻き込まれた。

木曜日にマルセイユ戦を控えたブラガは、水曜日にマルセイユのホームスタジアムで前日練習を実施。練習を終え、選手たちはいつものようにそれぞれが試合で使用するスパイクをスタジアムに置いていった。しかし、一夜のうちに、それら全てが盗まれてしまったのだ。

マルセイユスタジアムは、現在EURO2016に向けて工事中であり、監視カメラが作動していなかったという。すでに警察官が調査を開始し、原因究明に努めている。

UEFAとブラガ、マルセイユ上層部が会議の場を設け、試合の延期やポルトガルからスパイクを持ってくる航空便の手配などの措置が考えられたが、選手が持つ別のスパイクを使用することで手が打たれた。

試合はブラガが敗北。いつものスパイクではなかったことは言い訳にはならないが、その影響もあってかマルセイユに0-1で敗れてしまった。

試合後、パウロ・フォンセッカ監督は本件の影響を述べ、選手の敗北を擁護した。

「我々を混乱させるものであった。試合への準備が違うものとなってしまった。スタジアムにはカメラもあり、警備もいて、安全は万端だったはずなのに、我々のスパイクが消えた…私が言えるのはこのくらいだ」

敗れはしたものの、ブラガは勝ち点9で首位を維持。前代未聞の盗難事件という不運を原動力に変えて、グループ突破を目指す。

©FutePor -ふとぽる-

ベレネンセスを初のELに導いたサー・ピントとヴィオラ監督パウロ・ソウザが、「EL出場監督ベストイレブン」に選出

『zerozero.pt』

ベレネンセスをクラブ史上初のEL出場に導いたリカルド・サー・ピントと、今季からフィオレンティーナを指揮するパウロ・ソウザの両ポルトガル人監督が、UEFAの選出する「プロ選手の過去を持つEL出場監督ベストイレブン」に選ばれた。

本ベストイレブンにて、サー・ピントは、3トップの一角を担う。アスレティック・ビルバオの監督バルベルデをワントップに、APOELのケツバイア(Ketsbaia)が右ウイング、サー・ピントが左ウイングに選出された。現在ベレネンセスを率いる同監督は、かつてスタンダール・リエージュやスポルティング、レアル・ソシエダでプレーした経歴を持つ。

3枚の中盤を構成することになったのが、マルセイユの監督ミチェルと、PAOKのトゥドール、そしてフィオレンティーナのパウロ・ソウザだ。本ベストイレブンの中でもパウロ・ソウザの経歴はずば抜けており、エスパニョールやパナシナイコス、パルマにインテルナツィオナーレ、ドルトムントにユベントス、スポルティングやベンフィカなど各国の強豪クラブでのプレー歴を保持している。2度のCL制覇を経験(ドルトムントとユベントス時代)し、インテル時代にはUEFA杯を獲得している。

GKには長年ベンフィカに所属していたプロドーム(クラブ・ブルージュ)が選出。4名のDFには、左からポチェッティーノ(トッテナム)、フランク・デ・ブール(アヤックス)、ヘニング・ベルグ(レギア・ワルシャワ)、サニョル(ボルドー)が選ばれている。

image

(写真はUEFA.comより)

©FutePor -ふとぽる-

EL3次予選1stLeg。ともに新監督のもとギマラインスは敗北、ベレネンセスは勝利

『A BOLA』

ビトーリア・ギマラインスとベレネンセスが2015-16シーズン初の公式戦を戦った。EL3次予選1stLegを、ギマラインスはアウェイでオーストリアのアルタッハに1-2で敗北。ベレネンセスはホームでスウェーデンのIFKヨーテボリに2-1で勝利した。

ギマラインスはポルトから加入した新戦力U-21ポルトガル代表FWトゼが、チームを予選敗退の危機から救った。移籍後初ゴールはチームの貴重なアウェイゴールに。2ndLegで逆転するチャンスを広げた。新監督アルマンド・エバンジェリスタも「2ndLegでは良くなかった部分を改善したい」と逆転勝利への意気込みを語った。

ベレネンセスを勝利に導いた新監督サー・ピントは勝利に満足しながらも、「あとひとつふたつのチャンスをモノにできなかったのは残念だ」と、アウェイゴールを浴び相手に逆転の可能性を与えてしまったことを悔やんだ。

©FutePor -ふとぽる-